“憲法違反”で死に体!菅内閣に「政権批判で坂上忍『バイキング』クビ」出演者が参加のワケ

拡大画像を見る

 菅義偉(72)内閣の支持率が下げ止まらない。

 7月12日にNHKが発表した世論調査によると、菅内閣を「支持する」と答えた人は、6月より4ポイント下がって33%と、2020年9月の内閣発足以降、最も低くなった。一方で「支持しない」と答えた人は1ポイント上がって46%となり、発足以降最も高くなった。

 そんな中、加藤勝信官房長官(65)は7月9日、同日付で内閣官房参与に岸博幸慶応大大学院教授(58)を起用したと発表。岸氏は、成長戦略や規制改革、経済、広報戦略などの分野を担当するという。

 岸氏は1986年に通商産業省(現・経済産業省)に入省。竹中平蔵元内閣府特命担当大臣(70)の秘書官などを経て退官。以降、民間企業の役員や内閣府国家戦略特区ワーキンググループ委員などを歴任した。

「岸氏の内閣官房参与就任について、一部関係者の間では驚きの声が上がっています。というのも、岸氏は、坂上忍(54)がMCを務める『バイキング』(現在は『バイキングMORE』、フジテレビ系)で、舌鋒鋭く政権批判をしまくっていましたからね」(夕刊紙記者)

 コロナが日本でも拡大し始めた2020年3月2日放送の『バイキング』で、岸氏は「私は感染拡大は厚労省の人災の側面が大きいと思います」と、政府や担当省庁の対応を痛烈に批判。

 同月30日の番組でも、「日本より遅く感染が始まったアメリカはとっくに200兆円の経済対策が決定してるんです。日本は先に感染が始まったのに、まだ今の段階でこれだけのことしか言えねぇのかよ、と」と切り捨てたのも大きな話題を呼んだ。

■痛烈批判で“クビ”!? 岸博幸氏が政権入りのワケ

 政権批判を繰り返していた岸氏だが、今度は内閣の参与になるとはどういうことか。

「これはけっこうシンプルで、岸氏は安倍晋三元首相(66)とは険悪な関係にありますが、菅首相とは良好な関係にあるそうです。菅氏は安倍政権では官房長官を務めていましたが、そこは関係ないということでしょう。

 ただ、岸氏が『バイキング』で痛烈に政権を批判した際は、政権サイドからフジの上層部に対して、“バランスの欠いた放送なのではないか”という怒りのクレームがあったといいますね」(前出の夕刊紙記者)

 2020年9月、『バイキング』が『バイキングMORE』にリニューアルするにあたり、岸氏と元宮崎県知事の東国原英夫氏(63)が番組から降板している。

「東国原氏も、岸氏と同じように安倍政権を批判しまくっていましたからね。フジテレビも政治部で政権や自民党とつき合いがあります。またフジのトップ・日枝久氏(83)は、いまだに政権にも強い影響力を持つドンですからね。さすがに“バランスの欠いた放送はマズい”となり、岸氏と東国原氏は番組から降板してもらうことになったと言われていますね。

 東国原氏は昨年9月25日、自身のツイッターでその日が最後の『バイキング』出演になると明かし、さらに“大人の事情があるようです(笑)。坂上さん始め数々の共演の方々やスタッフの方々にはこれまで大変お世話になりました。心より感謝を申し上げたいと思います”と綴っていました。この“大人の事情”は、安倍政権を厳しく糾弾したことによって、フジ上層部を通じてかかった政権サイドからの“圧力”だと見られています。岸氏の降板も同様のものでしょう」(前同)

■西村康稔担当相の発言は「一線を越えた」!

 菅政権は今や“死に体”だと言われている。

 西村康稔経済再生担当相(58)が、緊急事態宣言中に酒類の提供停止に応じない飲食店に対し、取引金融機関から働き掛けてもらうと発言。

 この発言に対しては、7月10日放送の『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)に出演した古市憲寿氏(36)は「一線を越えたと思うんですね」「これ自体が優越的地位の乱用っていう法律違反という話もありますし、憲法違反の可能性もあります」と指摘。

 7月11日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演した杉村太蔵氏(41)も「経済活動の自由を奪っている。憲法違反だと思う」とコメントした。

 7月13日には一連の飲食店への強化対策が相次いで撤回へと追い込まれ、これを受け7月14日には菅首相が記者団の取材に応じ、混乱を招いたことに陳謝。

 西村担当相については「感染防止のために朝から夜まで頭がいっぱいで、いろんな対策を練っていると思っている。そういう中で丁寧に説明していくことが大事だ」とした。

 しかし、このニュースを受けて、菅首相に対しても、「最高権力者が報告を受けたうえで止めなかったのなら自分の責任だろうが。屁理屈を言って責任逃れしやがって」「事前に報告を受けておきながら、自分は“承知してない!”無責任極まりない総理大臣である」と批判が殺到している。

「7月4日に行われた東京都議会議員選挙は、秋までに行われる衆議院選挙の前哨戦とも位置づけられていました。しかし、自公合わせた議席は過半数に届かず、自民党幹部も“惨敗だ”と危機感を露わにしました。

 そんな状況下で菅首相は、藁にもすがる思いで、少し前まで“敵”だった岸氏に内閣官房参与就任をお願いしたのではないでしょうか。ただ、そんな死に体の菅政権で岸氏がどのような役割を果たすのか。そして、『バイキング』で一緒に安倍政権批判を展開していた坂上忍は今、どう思っているでしょうね……」(前出の夕刊紙記者)

 コロナ対策、そして来週に迫った東京五輪で、菅政権は起死回生を図ることができるのだろうか――。

関連リンク

  • 7/15 7:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます