夏のボーナスが出なかった彼女をイラッとさせるNG発言9パターン

ボーナスを手にしたら、浮かれてしまうのは当然のこと。とはいえ、自分と違って彼女がボーナスをもらえなかった場合は、デリカシーに欠ける発言は極力避けたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「夏のボーナスが出なかった彼女をイラッとさせるNG発言」をご紹介します。

【1】「なにに使おっかなー」と彼女の前で無神経に夢を膨らませる
「知るか!と思って、ボーナス関連の戯言はことごとくスルーした」(20代女性)というように、ボーナスをもらえたからといって無邪気に浮かれていると、険悪なムードが漂ってしまいそうです。彼女の異変に気づいたら、すぐさま頭を切り替えましょう。

【2】「まったく出なかったの?かわいそー」と口先だけで同情する
「そんなこと思ってないのが見え見えで、余計に腹が立った」(20代女性)というように、ボーナスが出なかった彼女を思いやったつもりが、かえって不興を買ってしまうケースです。下手に慰めるより、さっさと別の話題に切り替えたほうが安全でしょう。

【3】「ボーナスと言っても微々たる額ですから」とわざとらしく謙遜する
「こっちは微々たる額すらもらってないんだよ!とキレそうになった」(20代女性)というように、どんなに控え目な発言をしても、「ボーナスゼロ」の彼女には嫌みにしか聞こえないようです。へりくだればへりくだるほど、火に油を注いでしまうので気を付けましょう。

【4】「これとか買いだと思わない?」と使い道について相談する
「くだくだ悩んでるメッセージばかり届くから、一時的にブロックした(笑)」(10代女性)というように、彼女に買い物相談を持ち掛けるのは、明らかに人選ミスでしょう。また、後日なにを買ったにしろ、聞かれない限り、伏せておくのが賢明かもしれません。

【5】「ねえねえ、買い物行こうよー」と浮かれ気分でショッピングに誘う
「こっちの事情を知ってるくせに、思いやりがなさすぎますよね」(20代女性)というように、懐の寂しい彼女を買い物に付き合わせようとすると、愛情を疑われるおそれがあります。ボーナスで彼女にささやかな贈り物をして、名誉挽回したいところです。

【6】「コーヒーおごってあげるから」とセコい金額で恩に着せる
「気持ちはありがたいけど、器の小さい男だと思った(苦笑)」(20代女性)というように、これ見よがしにボーナスの一部を提供しようとして、逆に株を下げてしまうケースです。ボーナスを理由になにかご馳走するなら、せめて「焼き肉」程度は張り込みたいものです。

【7】「社長におねだりすれば?」と非現実的な打開策を提案する
「こんなお気楽な人がもらえて、私にはなし…と釈然としなかった」(20代女性)というように、落ち込む彼女に的外れなアドバイスをすると、冷ややかな視線を浴びてしまいそうです。そう単純な話でもないので、無理に介入しないのが身のためでしょう。

【8】「だって俺がんばったもん」ともらって当然のような顔をする
「思わず『私だって!』と言い返した」(20代女性)というように、好成績がボーナス獲得につながったのだとしても、彼女の前で主張するのはまずそうです。「君こそボーナスをもらうべき!」などと一緒になって憤慨すれば、機嫌を直してもらえるかもしれません。

【9】「思ってたより少なくてガッカリだよ」と不満を漏らす
「あまりの無神経っぷりに、唖然としてしまった」(20代女性)というように、素直に喜ぶならまだしも、ボーナス額に対する不平不満を聞かせるのは失礼極まりないでしょう。「デリカシーがなかった」とすぐに謝って、交際にひびが入る事態だけは避けましょう。

浮かれた状態だと、うっかり失言してしまいそうです。ボーナスのことはひとまず棚上げして、彼女と一緒に楽しめる話題にテーマを絞りましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/15 7:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます