料理ができないなんてムリ! 今思い出しても酷すぎるフラれ方

どんなに相手のことが嫌いになったとしても、別れるときにはなるべく相手を傷つけないように別れ話をしたいと思うもの。しかし、そんな良心など微塵もない男が存在するのが事実。今回はそんな、今思い出しても酷すぎるフラれ方をした女子たちにその悲しいエピソードを聞いてみました。

ただひたすら「無理」の一点張り

「一方的に彼のほうから別れを告げられ、私にダメなところがあるなら改善するし、少し考える時間が欲しいなら距離を置くこともできると提案しましたが、ただひたすら『もう無理』の一点張り。
ちゃんとした説明もなく『無理』しか言わないので、納得がいかずにしつこく何度も別れの理由を彼に問い詰めていたら、最終的には連絡先をすべてブロックされてしまい、なにも解決しないまま関係が終わってしまいました。その彼と別れてから数人と付き合いましたが、いまだに気持ちはモヤモヤしています」(25歳・Aさん)

▽ 理由も言わずに逃げるなんて、卑怯にもほどがありますよね。

「結婚するつもりない」と突然の宣告

「28歳の婚活パーティーで知り合った元カレと5年付き合った頃に、『俺、結婚するつもりないから』と突然の宣告を受けました。
お互い、婚活パーティーに来ていたわけだから彼も結婚願望はあるんだと思っていたんです。だからわざわざ私のほうから結婚について話すことはなくて、プロポーズをずっと待っていたところ、まさかのこの一言。結婚する気のない人と付き合っていても意味がないので、別れることになりましたが、貴重な5年間を無駄にされたことに怒りが収まりません」(34歳・Iさん)

▽ 結婚願望がない人も婚活パーティーに紛れ込んでいるってこともあるんですね。

料理ができないことがバレて終了

「元カレの家に遊びに行ったときに突然『お腹空いたからなんか作って?』と言われ、料理があまり得意ではない私なりに冷蔵庫にあるもので食事を作ったんです。でも一口食べて『まずい……。こんなの食べられない』と、全部残されてしまいました。
その夜、自宅に帰ってきたら元カレから『料理ができない女がお母さんだと、将来子どもがかわいそうだから、もう付き合えない』とLINEが! 結婚する話なんて一言もしていないし、料理なんて練習すればうまくなるのに、たった一回料理がうまく作れなかっただけでこんなこと言われるなんて理不尽過ぎて悲しかったです。
まあ今思えば、この男と結婚していたら、毎日毎日料理に文句を言われツラい思いをする日々だったかもしれないなと」(26歳・Cさん)

▽ 料理、掃除、洗濯と、意地悪な姑のようにいちいち文句を言ってくるタイプの男に間違いありませんね。

みなさんはこれまでに、人間とは思えないような冷酷なフラれ方をされた経験はありますか?

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/14 21:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます