「ガリレオ」新作 福山雅治×柴咲コウと黄金コンビで「沈黙のパレード」 22年公開

拡大画像を見る

 俳優・福山雅治(52)が主演する「ガリレオ」シリーズの9年ぶり新作が、映画「沈黙のパレード」(22年公開)として製作されることが14日、分かった。ドラマ版のシーズン1(07年)や映画版1作目「容疑者Xの献身」(08年)で福山演じる天才物理学者・湯川学を支えた刑事・内海薫役の柴咲コウ(39)がカムバック。黄金コンビが復活する。

 13年のドラマ版シーズン2と、映画版2作目「真夏の方程式」(ヒロイン刑事は吉高由里子)以来、9年ぶりとなるシリーズ新作。

 映画版の前2作は「容疑者Xの献身」が興収49・2億円、「真夏の方程式」が同33・1億円と大ヒット。映画3作目となる「沈黙のパレード」は、18年に刊行されたシリーズ新作を原作に、今月に撮影がスタートした。

 少女殺害事件の容疑をかけられながら証拠不十分で釈放された男が、遺族たちを挑発し、秋祭りの日に殺害される。動機のある容疑者は全員アリバイがあり、死因は不明。アメリカ帰りの湯川、捜査一課の内海、北村一輝(51)演じる湯川の大学同期で内海の先輩刑事・草薙俊平の3人が、難事件に挑む。

 3年ぶりの映画主演となる福山は「極上のミステリーの実写化。この高いハードルかつ挑みがいのある難問に、我々はどういう最適解を導き出すのか。僕も湯川と共に今作の映画化における極上のエンターテイメントを探究したいと思います」と燃えている。柴咲は「チーム・ガリレオでまた撮影ができることを楽しみにしています」と共演を心待ちにしている。

関連リンク

  • 7/15 5:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます