だいたひかる 出産予定日は来年「1月30日」 がん治療中断、不妊治療再開で妊娠

拡大画像を見る

 乳がんの放射線治療を中断して不妊治療を再開し、妊娠が判明したお笑いタレント・だいたひかる(46)が14日、ブログを更新。出産予定日が来年1月30日と明かした。

 だいたは「妊婦健康診査受診票に、名前や住所を書き込んで…」いたところ、「ずっと同じ事を書いていると、漢字これであってたよな!?とか不安になってきて…」と何度書いてもどこか間違えているのでは、と不安に襲われたことを告白。

 「挙げ句の果てには、出産予定日の所を本当は令和4年1月30日なのに…」と「1月」と書くべきところを、「30月」と書いてしまったことを明かし、自分にツッコミを入れていた。

 だいたは2013年5月にアートディレクターと結婚。不妊治療中の16年1月に乳がんと診断され、右胸を全摘出。その後、右胸にがんが局所再発し、19年3月に腫瘍摘出手術を受けた。その後は定期的に放射線治療を受けてきたが昨年10月にストップ。今年5月14日、40歳の時に凍結した受精卵(凍結胚)を体内に移植した。

関連リンク

  • 7/14 21:23
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます