恋愛初心者必見!守らないと嫌われる恋愛の【暗黙のルール】って?

拡大画像を見る


恋愛はスポーツの試合などとは違い、明文化されたルールはありません。そのため自由に好きな人に対してアプローチをすることも恋人に対して自由にふるまうこともできます。
しかし、明文化されていないだけで恋愛にも暗黙のルールが存在しています。こうしたルールを守らないと、恋人だけではなく友達からも嫌われてしまう恐れがあります。どんなルールがあるのか、恋愛初心者の人はチェックしてください。


①友達の恋人には手を出さない

気になる人に恋人がいても、諦められない場合は略奪愛に挑戦するという人は多いでしょう。相手が既婚者の場合は諦めるという人も、恋人くらいなら諦めないという人は多いと言われています。
しかし、好きな人の恋人が自分の友達の場合は話が別です。友達の恋人を略奪してしまうと、あまりにもモラルがないとして周りの人に引かれる可能性が高いでしょう。同じ略奪愛でも、知らない人から略奪するのと友達から略奪するのは、大きく印象が異なります。


②相手の過去を詮索しすぎない

恋人の過去は気になることも多いでしょう。特にどんな人と付き合っていたのか、初恋はいつ頃だったのかという過去は気になるのも当然です。しかし、誰でも話したくない過去を持っているものです。相手が嫌がっているのに詮索するのはマナー違反になるでしょう。
一度聞いてみて話してくれるのであれば聞くのは良いですが、隠したがっているのにしつこく聞き出そうとするのは避けましょう。


③恋人との関係は対等に

どちらから告白した場合でも、付き合った時点で恋人とは対等な関係を築くことが重要です。「告白してきたから付き合ってあげている」や「告白して頼み込んで付き合ってもらっている」という意識を持っているカップルは、すぐに破綻してしまうでしょう。
相手を支配したり崇拝したりしないよう、対等な付き合いを楽しむことは恋愛において非常に重要な条件ですよ。


恋愛にもルールはある!念のため覚えておこう

明文化されているルールのない恋愛ですが、暗黙の了解は存在しています。
それらを知らずに自由気ままにふるまいすぎると、周りから避けられてしまう原因になりかねないので注意してください。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/14 21:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます