吉村知事 大阪349人に「増加スピード速い。若い世代の増加が顕著」と投稿

拡大画像を見る

 大阪府の吉村知事が14日夜、ツイッターを更新。この日、新たに新型コロナウイルスの感染者が349人確認されたことに、「20代、30代の若い世代の増加が顕著」として、特に若い世代に向けて感染対策の徹底を呼びかけた。前週の水曜日(7日)は151人で、2倍以上の増加となった。新規感染者が300人を超えるのは5月27日以来。

 吉村知事は“大阪新型コロナ349人の感染確認 吉村知事 重症病床580確保の見通し”と報じたニュースを引用。「新規感染者数の増加スピードが速いです。感染力の強いデルタ株が影響してます。20代、30代の若い世代の増加が顕著です。増加スピードを抑える為にも、特に若い世代の皆様、感染対策の徹底をお願いします。」と投稿した。

 14日に確認された新規感染者のうち、10代は46人、20代は122人、30代は57人となっている。

 また、府は6月に改定した病床確保の計画で、重症病床をこれまでより100床多い350床確保し、さらに災害級の非常事態に備え、500床の確保を目指していたが、吉村知事は14日の会見で、目標を上回る約580床を確保できる見込みだと明らかにしている。

関連リンク

  • 7/14 20:46
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます