藤井聡太王位 大敵・豊島竜王破ってタイに戻した!「気持ち新たにして」

拡大画像を見る

 将棋の藤井聡太王位(18=棋聖との二冠)が、豊島将之竜王(31=叡王との二冠)の挑戦を受ける第62期お~いお茶杯王位戦七番勝負第2局第2日が14日、北海道旭川市「花月会館」で指され、後手102手で藤井王位が勝利した。過去に大きく負け越してきた強敵を迎え撃つ今シリーズの成績を1勝1敗のタイに戻した。

 初日は戦型が珍しい角換わり相早繰り銀となり、長考が続いた。藤井王位は「相早繰り銀は想定していなくて、序盤で手の組み合わせがまずかったかもしれない」と振り返った。

 2日目は朝から豊島竜王が指しやすい展開が続き、一時は2時間近く持ち時間の差が広がった。終盤は両者攻め合いとなったが「駒が少ないので、形勢は苦しいと思っていた」。しかし、豊島竜王に誤算があったのか逆転し、最後は即詰みへと追い詰めた。

 これで五分に戻し、21、22日に兵庫県神戸市で行われる第3局へ。藤井王位は「タイに戻すことができたので、気持ち新たにして精いっぱい指したいと思います」と意気込んだ。

関連リンク

  • 7/14 19:28
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます