衝撃!「もう恋なんてしたくない」と思える【失恋体験談】3選

拡大画像を見る


今までに失恋を一回もしたことがないという人はめったにいません。「初恋は実らない」という言葉が有名になるくらい、初恋では失恋してしまう人も多いでしょう。もちろん思春期や大人になってからの恋愛でも失恋してしまう人の方が多いと言われています。
では、そんな失恋経験の中でも「もう恋なんて絶対にしない!」と思えるようなショックな失恋経験にはどのようなものがあるのでしょうか。


①共通の友人の前でフラれた

単にフラれるだけなら、その時は傷ついても立ち直れる人の方が多いでしょう。
しかし、単にフラれるだけではなく共通の友人の前でこっぴどくフラれると立ち直るのが難しくなります。しかも誠実にフラれるのではなく笑いものにするようにフラれてしまうと、人間不信に陥ってしまう可能性もあるでしょう。
大勢の前でフラれるということは、失恋経験の中でも非常にダメージの多い経験です。


②告白してほしいオーラを出しておいてフラれた

相手から脈ありの雰囲気が出ていて告白を待っていると思って告白したのに、フラれてしまったという体験もトラウマになりがちです。単に気持ちを弄ばされていたことに気付き、落ち込んでしまうでしょう。
しかも自分のことを本命に告白するための当て馬のように扱われていることが分かると、自分の存在自体を馬鹿にされているような気持ちになり、単なる失恋よりも落ち込んでしまうのではないでしょうか。


③相談していた友達に先を越された

恋だけではなく友情も一緒に失ってしまうような失恋は大きなトラウマになりがちです。たとえば恋の相談をしていて「応援する」と言っていた友達が、先に好きな人に告白してしまって失恋するような状況は、全てが嫌になるほど強烈な体験です。
恋愛相談を聞かされているうちにその人のことが気になってしまうということはよくある話ですが、それでも何も言わずに告白されるとショックを感じる人も多いのではないでしょうか。


辛い失恋経験もいつかは乗り越えていこう!

失恋経験の中には、立ち直れないほど辛いものもあるでしょう。しかし、何年経っても同じ失恋だけにとらわれているとずっと前には進めません。
辛い失恋でも、少しずつ立ち直る努力をして前を向いていきましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/14 19:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます