キンプリ平野 大谷翔平の球宴二刀流に感嘆「おっきな国で球を打って投げてらっしゃる」

拡大画像を見る

 日本テレビ系「24時間テレビ44 愛は地球を救う」(8月21、22日放送)の制作発表が14日、都内の同局で行われ、初のメーンパーソナリティーを務める人気グループ・King&Princeと、12年ぶり2度目のチャリティーパーソナリティーに就任した菅野美穂(43)、スペシャルサポーターのお笑いコンビ・チョコプラネットらが出席した。

 キンプリはグループとしてのメーンパーソナリティーは初めて。永瀬廉(22)は「King&Princeで大丈夫かと思っている方もたくさんいらっしゃると思いますが、支えてくださる皆さんの絆に助けられながら頑張りたい」と抱負。神宮寺勇太(23)は「テーマの『想い』をしっかり伝えられる架け橋になりたい」、高橋海人(22)は「見てくださった方の人生を変えられたらと思います」と意気込みを語った。

 岸優太(25)は、昨年はV6・井ノ原快彦(45)ら事務所の先輩たちとメーンパーソナリティーを務め2年連続となるが、「井ノ原さんや重岡君たちから『岸ならできる』『絶対見る』とメッセージを頂きました」と激励してもらったことを明かした。

 また、この日、米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手(27)が米球宴に史上初めて二刀流で出場し、勝利投手となった話題にも言及。平野紫耀(24)は「すごいですよね。日本という島からはばたいて、おっきな国で球を打ってらっしゃる。投げてもいますし」と“天然発言”を交えながら感嘆。同世代の大谷の世界の歴史に名を刻む活躍に「自分たちもいつか海外でも活躍できるようにとジャニーさんに集められて結成したグループなので、刺激を受けるものはすごいありますね」と目を輝かせていた。

関連リンク

  • 7/14 18:14
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます