有吉弘行が熱く語った「孤独のグルメ」愛と“痛恨の思い出”とは?

拡大画像を見る

 7月9日にスタートしたグルメドラマ「孤独のグルメseason9」(テレビ東京系)。このドラマの復活に歓喜したのがお笑い芸人の有吉弘行だ。

 以前からこのドラマのファンを公言していたが、7月11日放送の冠ラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN)で「『孤独のグルメ』始まったんだよ」と切り出し、“孤独のグルメ愛”を炸裂させた。

「有吉は『スゴい好き』と前置きした上で、正月には箱根駅伝は見ないで同ドラマのリピート放送を見ていると話し『正月休み、あれでつぶれるんだから、ぐらい好きなのよ』と熱弁していました」(芸能ライター)

 さらに「自分が行ってた店が出ると嬉しいなぁ。『孤独のグルメ』観てから行くのはダメなのよ。(中略)それこそ、豪徳寺の『いなだ』ね。俺と武田修宏さんだけが行ってたのよ。嬉しかったなぁ、あれは。最高の気分だったね」と、行きつけの店がドラマに登場した時の喜びを語った。

 しかし「孤独のグルメ」に関して、過去にはこんな痛い思いも。

「2020年に放送した同ラジオ番組で、広島出身の有吉が実家に帰省する際『孤独のグルメ』で紹介された広島の焼肉店『みっちゃん』に行こうと計画。予約しようとネットで調べるとショックな事実が。ドラマで紹介されて以来『一見さんお断り』と書いてあったようです」(芸能ライター)

「みっちゃん」は有吉曰く「焼き肉もラーメンもおでんも置いてます、みたいな。最近はそういう店も少なくなって、生き残りみたいな感じのお店」。“一見さんお断り”も、ドラマに出たことにより一見客が殺到してしまい常連客を大事にするために打った策だが、有吉にとってはさぞ残念だったに違いない。

 このエピソードのほかにも、彼の“孤独のグルメ愛”があふれ出た逸話がある。

「昨年放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、オムライスの食べ方に言及。『できたてのオムライスを真ん中から割って食べることで美味しそうに感じる』『ドラマ“孤独のグルメ”観ていてもそうじゃん?』と語り、スタジオの笑いを誘っていました」(週刊誌記者)

 好きが高じて、ドラマの出演オファーが来るかも?

(窪田史朗)

関連リンク

  • 7/14 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます