二階堂ふみ「プロミス・シンデレラ」ひとケタ発進も“大化け”の予感!

拡大画像を見る

 二階堂ふみ主演の新ドラマ「プロミス・シンデレラ」が7月13日にスタートし、初回の平均視聴率は7.9%だった。

 原作は橘オレコ氏による同名漫画。物語は、平穏な生活を送っていた専業主婦の主人公・早梅(二階堂)だったが、結婚1年足らずのある日突然、夫から「離婚してほしい」と一方的に切り出される。ショックを受けた早梅は家を出るのだが、有り金の入ったバッグをすられてしまい一文無しに。公園でホームレスになった時に、大金持ちでイケメンだが性悪の高校生・片岡壱成(眞栄田郷敦)と出会う。

 視聴者の感想としては「素直に面白かった」「面白いドラマで期待大」「出だしは観ていて腹が立つし、不快でしたが二階堂さんが演じる女性が真っ直ぐで強いので、何か“痛快”という気分になってきました」「ヒットです。これは化けるかも。期待大であります」など上々だ。

「原作では壱成の意地悪ぶりが強烈だったので、実写はどうなるのかと思っていました。しかし、二階堂演じる早梅がいい。どん底なのに悲壮感はなく、むしろきっぱりとした態度が爽快でさえありました」(テレビ誌ライター)

 残念ながらひとケタスタートとなったが、この先、大化けしそうな予感がする作品だ。

関連リンク

  • 7/14 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます