天海祐希がものまねした「緊急取調室」で共演するあの大物女優

拡大画像を見る

 女優の天海祐希が、7月8日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演。現在ドラマで共演中の、ある大物女優のものまねを披露した。

「天海は現在放送中のドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)に、主人公の女刑事・真壁有希子役で出演。『徹子の部屋』では、共演者の桃井かおりの話になり、黒柳から『あなた、桃井さんが(演技に)取り組む姿をこっそり観察してらっしゃったとか』と話を振られると『はい、見てました、ずっと』とコメント。その流れで黒柳が『じゃぁ桃井さんのものまね何かできちゃう?』とムチャ振り。天海は『ちょっとまだ完成度低いんですけどね』としながらも、ものまねを披露。視聴者には、そのクオリティが高評価だったようです」(芸能ライター)

 天海はそもそも大のものまね好き。2015年に放送された「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演した際は、明石家さんまに振られ、武田鉄矢や黒柳徹子のものまねを全力で披露。番組を大いに盛り上げた。

 さらに、ものまね好きが高じて、実際にものまね番組の司会を務めたこともある。

「2014年から2019年にかけて不定期で放送された番組『コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネもの』(フジテレビ系)ではものまね大好き女優として出演。彼女が中心となり、気になっているものまね芸人=マネもののVTRをそれぞれベスト3形式で紹介していました」(週刊誌記者)

 天海は、ものまねが得意な友近ともコラボしている。

 友近が扮する演歌歌手・水谷千恵子による「水谷千重子 50周年記念公演」が6月25日から開催されたのですが、ここで、天海祐希に似ているとされる「ブルースの王女」石田浜紅子として出演。当公演はお芝居ステージ「ドタバタ笑歌劇 神社にラブソングを」と歌のステージ「千重子オンステージ」からなる公演で、石田浜は「千重子オンステージ」に登場したのだ。

 天海のものまね好きは、筋金入りと言えそうだ。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 7/14 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます