加藤綾子「意地悪言わなくても」「可哀想」大谷の本塁打競争投手への地元記者ツイートに

拡大画像を見る

 元フジテレビで現在フリーの加藤綾子が14日、同局系報道番組「イット」に出演。米大リーグオールスターのホームラン競争に出演したエンゼルス大谷翔平選手について、皮肉めいたことを発信した米スポーツ専門メディア記者に対して「そんな意地悪を言わなくても」と話した。

 大谷選手は日本時間13日に出場したホームラン競争で1回戦敗退。「ジ・アスレチック」のマーク・カリッグ記者はツイッターで、投手を務めたエンゼルスのブルペン捕手、ジェイソン・ブラウン氏にスポットをあて、つぶやいた。

 「今シーズン最大の想定外は、大谷翔平のホームランを防ぐことができるのが唯一エンゼルスのブラウン氏だったということ」

 このツイートに加藤アナは、「えっ、嫌みということですか?」と疑問。「意地悪言わなくてもいいじゃないですかね」と苦笑まじりで問いかけた。さらに「お互い緊張していたんじゃないですかね。(ブラウンさん)かわいそう」と笑いながら抗議した。

関連リンク

  • 7/14 17:55
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます