「嫌いなんですよ、あの人」ドランク鈴木がアンジャ渡部にマジギレした出来事とは

拡大画像を見る

「多目的トイレ不貞」発覚後から、たびたび事務所の先輩にあたるアンジャッシュ・渡部建(47)をイジり倒してきた、お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の鈴木拓(45)。

 そんな鈴木が11日、「ABEMA的ニュースショー」(ABEMA TV)に出演。この日のテーマは「インスタ謝罪」だったが、MCの千原ジュニアから「インスタ謝罪はありか?」と問われると「迷惑かけた人には謝んないといけないと思うんですけど。僕は世間に謝ることなんて、何一つないと思ってるんですよ」と持論を展開。続けて、「インスタあたりでチャチャっと謝罪しとけば、一応カタチも残りますし、わざわざ記者会見で謝って大失敗するようなこともない。うちの先輩みたいに。なのでありだと思います」と名前こそ出さなかったものの、またもお得意の「渡部イジリ」が始まることに。

 この発言を受け、「渡部君もインスタでやっときゃ、今頃もう……。質問で追いつめられることもないし」という千原ジュニアに対し、鈴木は「透明のマスクして『それはちょっと…』って言う必要ないですからね。『察してください』って言う必要ないですから」と畳みかけ、しまいには「嫌いなんですよ俺、あの人」とピシャリ。

 これまでも、出演する番組などで「渡部問題」について触れてきた鈴木だが、ここまではっきり「嫌い」と言い切ったことはなかったため、またもや炎上と思いきや、《本当に嫌いなんだろうな(笑)他の芸人みたいに、渡部の為を思って責める発言をしているんじゃないから。忖度なし、炎上上等。芸人らしい芸人って感じで好きだわ》《後輩にここまで言われるのは、よほどのことがあった証拠。人望のなさの表れだろう》《一事が万事。渡部に救いの手をのばす芸人がいないことが、彼の人間性を物語っている》と、賛同する声が多く、皮肉なことに、それが現在の渡部が置かれる状況を物語ることに。

 スポーツ紙の芸能記者が語る。

「噂では、以前、鈴木が先輩の渡部にプライベートな悩み事を打ち明けたところ、渡部が翌日の舞台でそれを面白おかしくネタにして笑いをとったのだとか。以来、鈴木は渡部と距離をとるようになったと言われています。そんなこともあり、多目的トイレ不貞発覚後、鈴木はすぐに『(渡部に)嫌われてましたから、プライベートの付き合いはないです』(20年6月18日のJ-WAVE「GOLD RUSH」)とコメントしたり、『先輩ですけど、撮られたときは、だろうなと思いました』(20年6月21日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」)と発言したりと、渡部の裏の顔について言及しています。しかも、その物言いは一部芸人にみられる”手を差し伸べる”イジリではなく、完全に突き放したものですからね。二人の間の確執の深さを感じますね」

 鈴木は今年4月に出演したテレビ東京系列の番組『ゴッドタン』でも、「悪口を言う対象」として「二度と立ち上がれないような奴」であると告白。「これから来るぞっていう奴に、あんまり言わないようにしてんのよ。そいつが本気出したら潰されそうな感じになっちゃうじゃん。俺が言えるのは、本当に消えそうな人に言えるのよ」として、「だから、二度と立ち上がれないような奴をぶっ叩いて潰すのよ。今のところ渡部さんと○○ぐらいしか最近は言ってないのよ。もう起き上がれないじゃん」と名指しで発言、共演者らをドン引きさせたこともある。今後、鈴木の口からどんなコメントが飛び出すか……。渡部の心中やいかに。

(灯倫太郎)

関連リンク

  • 7/14 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます