「ビリー・バンバン」菅原進インタビュー、最新YouTubeで「現代に音を届ける」理由

拡大画像を見る

 一昨年の秋、マネージャーが「『ニコニコ動画』でこんなのが話題になっていますよ」と教えてくれた動画を見て、ビックリ仰天しました。なんと、僕が知らない歌を、僕の声が歌っていたんです。

 どうやら、これは“人力ボカロ”という技術で、『ビリーバンバン』のCDから僕の声を抜き出して、既存の楽曲を歌わせていたもの。これが、すごくうまいんですよ(笑)。

 でも、確かにうまいんだけど、何かが足りない。“ああ、この歌には魂が入ってないんだ”と気づいて、“よし、これに魂を入れようじゃないか”と、同じ曲を自分で歌ってアップロードしたのが、昨年1月のこと。これがまた話題になって、以来、ときどきカバー曲をユーチューブなどで動画配信するようになりました。

 歌うのは主に、アニメやゲームの人気楽曲や、いわゆる“今どき”の曲です。最近では、女子高生シンガーAdoさんのヒット曲『うっせぇわ』をカバーさせてもらったんですが、これが80万回を超える再生数になってしまい、驚きました(笑)。

 多くの方は、『ビリー・バンバン』というと“フォークソングを歌う兄弟デュオ”だと思うでしょうから、その弟のほうが70歳を過ぎて、こんなことをやってるのは意外に感じられるかもしれません。

 でも僕自身は、若い頃から海外の新しい楽曲に影響を受けてきたし、それが今は若者に人気があるシンガーや曲にも興味があるというだけのこと。純粋に音楽として「すげえな」「かっこいいじゃん」と思ったものを歌うのが楽しいんですね。だから、動画配信という形で新しい音楽に出会えて、本当に良かったと思っています。

 出会いと言えば、麦焼酎『いいちこ』とのご縁もそうです。忘れもしない34年前、『いいちこ』のポスター展で僕らが歌う機会があって、そのとき、プロデューサーが「あなたの声は、『いいちこ』の透明感と一致する」とおっしゃってくれたんです。それがきっかけでCMソングを歌わせていただくようになり、今や『いいちこ』と言えばビリーバンバン、ビリーバンバンと言えば『いいちこ』と、言えるまでになりました。

■「暗い時代だからこそ“ポジティブ”に」

 5月からは新曲の『ふたり物語』を使ったCMが流れていますが、動画配信で僕を知ってくれた若い人が、この曲を聴いてくれたりする。さらには、『ビリーバンバン』の古い楽曲を探してくれたりもする。面白い時代になったと思いますよ。

 3年前、僕らは50周年記念コンサートをやりました。2014年に脳出血で倒れた兄(菅原孝)は車椅子での参加となりましたが、同じ年、僕は大腸がんを患っています。だから、2人そろってステージに立てたことは、本当にうれしかったですね。

 兄弟で歌ってきて良かったことは、声質が似ているから、きれいなハーモニーを奏でられること。逆に悪かったことは……基本的に仲が良くないことでしょうか(笑)。

 でも、今ではそれぞれ病を経て、お互いを思いやる心が生まれたように思いますね。ましてや、現在はコロナ禍であまり会えませんから、ときどき「お兄さん、大丈夫かな」と心配するようにもなった。良い関係になれたかなと思います。

 僕は常に「ポジティブシンキング」です。たとえば、今はコロナ禍で、できることが少ないけれど、だからこそ自分を見つめる時間がたっぷりある。僕は歌う機会が減った分、ユーチューブで海外のボイストレーニング動画を見て、発声練習をしたりしています。今は、自分の内面をじっくり見つめるチャンス。そして何かに気づいて行動を起こせる人が、これから前に進めるんだと思います。

 “ネガティブさ”って、誰かに与えられるものではなく、自らが作ってしまうもの。煩わしく思える雨だって、ホコリやチリを洗い流して、すべてをキラキラと輝かせ、土のかぐわしい匂いを立ちのぼらせてくれますよね。暗い時代だからこそ“ポジティブ”に生きたいんです。

菅原進(すがわら・すすむ)
1947年生まれ。東京都出身。1969年、兄・菅原孝とのデュオ『ビリーバンバン』として『白いブランコ』でデビュー。以降、『さよならをするために』や『また君に恋してる』など数多くのヒット曲を世に送り出す。また、ソロアーティストとしても活躍し、最近では動画配信サイトで発表したカバー曲が、若い世代に絶大な人気となっている。

関連リンク

  • 7/14 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます