早見あかり、歯列矯正事情明かす「強い意志があるならやったほうがいい」

【モデルプレス=2021/07/14】女優の早見あかりが13日、Instagramを更新。自身の歯列矯正事情を綴った。

◆早見あかり、自身の歯列矯正事情綴る

ワイヤー矯正が見えるくらいの満面の笑みで写った自撮りとともに「いまはがっつりワイヤーで裏矯正してます」と現在の状況を明かした早見。

2019年8月からワイヤー矯正を行っているが「その前に一度マウスピース矯正もやってました!」と過去の矯正事情も告白。しかし「ただこれは長時間つけないといけないので、ドラマの撮影が入った時に全然つけられず歯の位置が戻っちゃって」「マウスピース入らなくなったり割れちゃったりと色々あって途中で諦めちゃいました」と自身の生活とは合わず途中で断念したという。

そんな時にワイヤー矯正と出会ったといい「最初はブラケットがあるのが違和感で滑舌悪くなったけど、いまはつけてること言わないとバレないくらい今まで通り」と感想を綴った。

「わたしはまだ途中だけど矯正してめちゃくちゃよかったー!って思ってる」「日に日に綺麗になる歯をみて嬉しさが止まらない」とワイヤー矯正に満足げな様子であった。
また、歯列矯正を迷っている人に対し「やるか迷ってます!って人もいたけど、強い意志があるならやったほうがいいと思う!そうじゃないと痛みも色んな煩わしさも乗り越えられない気がするよ!」とアドバイスした。

◆早見あかりの歯列矯正事情に反響

この投稿にファンからは「矯正でもっと綺麗になるね」「矯正仲間で気持わかる!」「強い意志を持っていて素敵、頑張ってね」といったコメントが寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/14 16:08
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます