俳優・亀石征一郎さん多発性脳梗塞で死去 82歳 必殺、影の軍団各シリーズの悪役

拡大画像を見る

 俳優の亀石征一郎(かめいし・せいいちろう)さんが11日午前5時25分に多発性脳梗塞のため死去していたことが14日、明らかになった。82歳だった。

 所属事務所フェイスプランニングが公式HPで発表。それによれば「弊社所属俳優の亀石征一郎が、2021年7月11日午前5時25分、多発性脳梗塞のため満82歳で永眠いたしました。2021年5月12日に脳梗塞で倒れて以降、復帰に向けてリハビリを続けてまいりましたが、残念ながらかないませんでした」とした。

 三男で映画プロデューサーの龜石太夏匡氏はツイッターで家族葬で見送ったことを告白。「誰に対しても態度を変えず出会う全ての人に生きる上で本当に大切なことを全力で伝えてくれました。家族を愛し日本を愛し命を燃やし生き切りました。」とつづった。

 亀石さんは劇団文化座をへて、1959年、東映ニューフェイス第6期に合格。同期に千葉真一や太地喜和子さんがいた。1960年に「おれたちの真昼」でデビュー。以降、必殺シリーズや影の軍団シリーズに悪役で出演。「水戸黄門」「大江戸捜査網」などにも出演。実写版の映画「あしたのジョー」(70年)では力石徹役を演じた。

 千葉とは親友関係で、ジャパンアクションクラブの重役も務めた。

関連リンク

  • 7/14 15:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます