工藤静香、Koki,炎上後も“ブランドアピール”継続!タンクトップの肌見せに“激ヤセ”を心配する声も

拡大画像を見る

 歌手の工藤静香(51)が14日までにインスタグラムを更新。自身の“好きな色”について明かしたものの、ネットで物議を醸している。

 この日、工藤は「色自体とても好きですが、やはり紫色は好きです。冷静でクールなブルー 情熱的でホットなレッド その2つが混ざり合ってできる色ですから、惹かれないわけがないのです」と紫が好きだと明かし、「でもその時々で惹かれる色ってありますよね?色の中で1番派手な色は何だと感じますか? 私は白です!白が1番派手だと感じる色です。笑」と白についての感じ方を説明。

 その上で「サイドテーブルにある色を並べてみました 黒を入れるとまたカラーが引き立ちますよね」とコメントし、オレンジや紫、ピンクの花が飾られた花瓶や、黒を基調とした「ディオール」や「ルイ・ヴィトン」のポーチが並んだ写真を投稿した。写真の後方には、紫のタンクトップを着用してカメラにまっすぐな視線を投げかける工藤の姿も写っている。

 工藤の色にまつわるこだわりが感じられる写真に、ファンからは「私もしーちゃんの影響から一番に好きな色はバープルです」「タンクトップでリラックスしーちゃんかわいい お花に癒されますね」「紫はしーちゃんの色」「たぶん芸能界イチ紫の似合う女性は、静香さんです」「昔から紫が好きでしたよね。ほんと、ブレない方です」「アイドル全盛期の頃から、今日までしーちゃんを拝見してきましたが絶対的に紫が一番好きなんだなぁ〜と思ってました いつも紫っぽい口紅付けてて、どこのメーカー何だろう?欲しいなぁといつも思ってました」「しーちゃんもお花もめっちゃ綺麗 紫が1番好きだから、しーちゃんも好きなのが嬉しいです」と好意的な反応が寄せられているが……。

「今回の写真に『ディオール』や『ルイ・ヴィトン』のポーチが写っていたことに注目したネットユーザーもいたようで、一部からは“ブランドアピールがわざとらしい”、“ヴィトンとディオールのポーチが…何をどうアピールしたいのかよくわからない”、“ハイブランドの小物類を見せびらかしたいだけに思える”との声も出ているようです。

 工藤といえば、7月5日に次女のKoki,がインスタグラムで、“これ以上被害が出ませんように祈っています”と静岡県熱海市の土石流災害について案じているようなコメントを寄せつつ、『ルイ・ヴィトン』のバッグを持った笑顔の写真を投稿したことから、ネットで“不謹慎”だと大炎上したばかり。工藤はこの騒動について言及することはありませんでしたが、それでもなおインスタグラムにブランド品の写真を載せるということは、娘の炎上をまったく気にしておらず、自分自身のこだわりを貫くという姿勢の表れにも思えますね」(女性誌ライター)

 一方、このところの工藤にはこんな声も。

■工藤静香、華奢ボディに心配の声「胸骨が……」

「最近、工藤がインスタグラムで自身の写真を公開すると、“痩せすぎ”という心配の声が寄せられることが増えているんです。今回のタンクトップ姿にも“胸骨が出すぎ”、“ちょっと病的な痩せ方でビックリ”、“無理してでも食事をとって下さい”との反応も見受けられます。

 ただ、工藤はもともと細身ですし、インスタグラムを見る限りでは“トマトの天然酵母パン”や“豚肉と野菜のタジン鍋蒸し”など、さまざまな手料理を作っており、健康には人一倍気を遣っているようにもみえます。痩せたように見えるのは加齢や体質によるものという可能性もあるでしょう」(前出の女性誌ライター)

 厳しい暑さが続き、さらに新型コロナウイルスが収束する気配もなく、ただでさえ心身ともにバランスが崩れやすくなっている今日この頃。工藤も決して無理はしないでほしいものだ。

関連リンク

  • 7/14 14:55
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます