PSG加入のS・ラモス、移籍噂のエンバペに言及「残ってほしい」

拡大画像を見る

 パリ・サンジェルマン(PSG)に加入したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、フランス代表FWキリアン・エンバペの残留を期待していることを明かした。13日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 PSGとの現行契約が2022年6月30日までとなっているエンバペには、レアル・マドリードが関心を示していることが明らかとなっており、去就には注目が集まっている。今夏の移籍市場で契約満了によりレアル・マドリードを退団してPSGに加入したS・ラモスは、エンバペと一緒にプレーすることを望んでいることを強調した。

「誰かが何をすべきかと言うつもりはない。でも、僕の経験から彼に何か助言することはできるかもしれない。彼にはPSGに残ってほしいと思っている。なぜなら、最高な選手とプレーしたいからね。でも、残るか移籍するか決める時は、それは非常に個人的なことだ」

「キリアンが何を考えているかはわからないが、彼は違いを作ることができる。彼はとても若い。ここは素晴らしいチームだが、素晴らしい選手を必要としている。僕は勝者のメンタリティを与えることができる。もし、それをチームに伝えることができれば、成功を手にするだろう」

 また、かつてはバルセロナでプレーしていたブラジル代表FWネイマールとチームメイトとなったS・ラモスは、同選手ともプレーすることを待ちわびていることを明かした。

「2人と一緒にプレーすることを楽しみにしている。ネイマールとは素晴らしい関係を築いているし、キリアンはとても高いレベルでプレーしている。僕が望んでいるのは勝利で、全員が同じ方向に向くことだ。正しい道のりを進んでいると思う」

関連リンク

  • 7/14 14:02
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます