実写版『リトル・マーメイド』の撮影終了、アリエル役ハル・ベイリーが報告

拡大画像を見る

ディズニーの実写版『リトル・マーメイド』で主人公のアリエルを演じているハル・ベイリーが、同作の撮影が終了したことをインスタグラムで報告した。

ハルはアリエルに扮し、サンセットを背景に海で人魚らしいポーズを取っている幻想的な写真を投稿。ハルによると、オーディションを受けたのは19歳になる直前の18歳のときだったが、新型コロナの影響で撮影に時間がかかり、撮影が終わったいまは21歳になったとのこと。「ついにやった!」と達成感をにじませた。撮影は過酷な体験だったというが「想像以上に強くなることができた」と自身の成長についてもつづっている。


また、お世話になったキャストやクルーに感謝を述べた。エリック王子役のジョナ・ハウアー=キングとは一生ものの友情の絆を築いたと明かし、子役のジェイコブ・トレンブレイのことは「とてもすごい」と褒めた。ハルにとってレジェンド級のスターであるハビエル・バルデム、メリッサ・マッカーシー、オークワフィナ、ダヴィード・ディグスは、「こんな私を温かく迎えてくれて、オープンに接してくれた」という。

最後は「(公開まで)時間があっという間に過ぎて、愛の詰まったこの作品を早くみなさんに観てほしい」と願いを込めた。

(Hiromi Kaku)

関連リンク

  • 7/14 13:15
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます