Nintendo Switch版「ゼルダの伝説 スカイウォードソードHD」 「Wii」版の直感操作を再現

拡大画像を見る

任天堂は、Nintendo Switch(ニンテンドー・スイッチ)向けゲーム「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を2021年7月16日に発売する。

「携帯モード」や「Switch Lite」ではボタン操作に対応

ゲームの舞台は空に浮かぶ島「スカイロフト」。人々は大きな鳥「ロフトバード」に乗り、大空を移動して生活していた。

騎士学校に通う主人公「リンク」は、とある出来事で離れ離れになった幼なじみ「ゼルダ」を探すため、森や火山、砂漠などが広がる未知なる大地へと降り立つ。リンクは天空と地上を行き来しながら、強敵との戦闘や謎に立ち向かい、ゼルダの手掛かりを探していく。

11年に「Wii」版で発売した「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」をリメイク。「Wiiリモコンプラス」と「ヌンチャク」を使用した直感的な操作を「Joy-Con」2本持ちで再現。処理速度が60fpsとなり、よりスムーズな操作が可能になったという。

右のJoy-Conは剣に対応し、振る方向や動きに連動して「リンク」が剣を振る。また左のJoy-Conは盾に対応し、相手の攻撃を防御できる。このほか弓矢やバクダンなども直感的に操作可能だ。

「携帯モード」やNintendo Switch Liteでもプレイできるようボタン操作にも対応。スティックの弾き入力で剣の操作を行う。

価格は、パッケージ版/ダウンロード版とも6578円(税込)。

また、特別デザインのJoy-Con「Joy-Con(L)/(R) ゼルダの伝説 スカイウォードソード エディション」も同時発売。右が「マスターソード」、左が「ハイリアの盾」がモチーフになっている。価格は8778円(同)。

さらに、ゲームと連動するキャラクターフィギュア「amiibo(アミーボ) ゼルダ&ロフトバード」も発売する。プレイ中に使用すれば大地と大空の行き来がよりスムーズに行えるようになるという。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 7/14 13:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます