『映画 太陽の子』にハリウッドのスタッフ集結「素晴らしい機会に恵まれた」

拡大画像を見る

主演・柳楽優弥、有村架純、三浦春馬の豪華共演で、”日本の原爆研究”を背景に、時代に翻弄されながらも全力で駆け抜けた若者たちを描いた青春グラフィティ『映画 太陽の子』。この度、ハリウッドからもキャスト・スタッフを迎えた映画誕生の裏に迫るフューチャレット映像が解禁された。



本作は、大河ドラマ「青天を衝け」の演出も手掛ける監督・黒崎博の「もっとほかの国の人たちともたくさんこの映画を共有したい」という思いから、文字通り“日米の豪華キャスト&スタッフのタッグ”が実現。

東京・京都での撮影、ニューヨークで音楽を作り、トロントでナレーション録音を敢行し、最後にロサンゼルスで仕上げを行うなど、全米各地を行脚。日本オリジナルのフィーチャレット映像には、その熱き情熱同士がぶつかりあう舞台裏をとらえた模様の一部が収められている。


音楽のニコ・ミューリー、サウンドデザインのマット・ヴォウレス、カラリストのアロン・ピーク、そして名優ピーター・ストーメアという錚々たる人物が黒崎監督のもとに集結。


ミューリーは「エキサイティングなのは、1940年代が舞台であっても、作り方や見え方、全員の繋がり方が驚くほど現代的だ。曲を書くのは難しかったけどそれだけの価値はあったと思う」と語り、ヴォウレスは「脚本にワクワクし、とてもいいアイデアだと思った」とコメント。ピークは「この映画をアメリカ人に勧めたいね。防御や告発の視点ではない、とても清潔で無垢な視点だ」と、それぞれが強く惹かれたのは等身大の若者たちのストーリーだと述べる。

そして、ハリウッドアクション映画など多く手掛けてきたヴォウレスは「本作はハリウッドアクションとは大きく異なり、全てが小さなディチールの積み重ねだ」と本作のサウンドについて説明。


ピークは「ベースはあくまで自然だった。できるだけ自然で正確な感覚を心掛けた」と語り、ミューリーは「3人の表情を見つめ、彼らの物語に触れるリアルな感覚がある。作曲家として素晴らしい機会に恵まれた」と、それぞれが惹かれた物語をどう表現するかを明かす。


ハリウッドの一線級のスタッフたちが惜しげもなく情熱を注いだことが分かるが、プロデューサーのコウ・モリも、「最初こそ距離感のあったアメリカのスタッフたちが、黒崎の情熱と才能に刺激されて、圧倒的な熱量を惜しげもなく放っていく姿に心を揺さぶられた」とふり返って証言する。

また、日本では海外ドラマ「プリズンブレイク」や『アルマゲドン』『ジョン・ウィック:チャプター2』などで知られる名バイプレイヤーのストーメアが、アルベルト・アインシュタインの“声”役で出演。当初はスケジュールの都合で一度は諦めかけたそうだが、「明日、トロントに来てくれるなら」と提案されたことから黒崎監督は急遽トロント行きを決行。


映像には、黒崎監督がピーターに「どう思いますか?」と問いかける姿も納められているが、穏やかな口調とは裏腹に、「何度も『もう1回、もう1回』とリテイクする」一切の妥協のないアフレコ現場だったとか。「繰り返していくうちに、彼らも火がついて、逆にアイデアを出してくれたり、良いテイクがどんどん出てきました」と黒崎監督もふり返っている。

アミール・ナデリ、岩井俊二らからも本作にコメント到着



日米の豪華タッグが実現した本作について、国内外の映画監督をはじめ様々な視点からコメントが到着した。

アミール・ナデリ(映画監督『CUT』『山(モンテ)』)
非常に繊細な主題を誠実に描いた作品です。優れた演出で作られ、観客は、1945年の世界に引き込まれて行き、歴史を体験することになります。 今日の日本の若い方にぜひ見ていただきたい一作です。

べリーナ・ハス・ヒューストン(作家、南カリフォルニア大学演劇学部特別教授)
家族、自国への忠誠、そして善悪に関する己の倫理観への懸念を抱えながらも、ー原子分裂ーという科学者としての目標にむかい懸命に努力する主人公を通じ、人間の普遍的な複雑さを描く作品となっている。愛国心、良心、そして人としての思いやりを探求する感動的な作品である。

岩井俊二(映画監督)
マンハッタン計画を余すところなく描いた『シャドー・メーカーズ』。戦闘機開発を描いた『風立ちぬ』。『太陽の子』はその同一線上にある作品だ。新兵器開発に挑む科学者、技術者たちの物語。本作においてその研究は失敗に終わる。この挫折には思わず安堵せずにはいられない。主人公たちのその後の人生の平穏なることを祈らずにはいられない。

兼重淳(映画監督『キセキ ―あの日のソビトー』『泣くな赤鬼』)
イカロスは密猟で手に入れた鳥の羽根を蝋で固め、アポロンに近づこうと空を飛んだ。だが、太陽に近付き過ぎたため翼が溶け、海に堕ちて死んでしまった。人類が手にしてはいけない力がある。修の見た廣島の惨状が正にそれだった。

城定秀夫(映画監督『アルプススタンドのはしの方』『猫侍』)
戦争の狂気にのまれ、善悪の彼岸で蠢く科学者たちの業。核分裂の末に迎えた闇を、それでも照らす青春のきらめき。泣いた。

深川栄洋(映画監督『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』『神様のカルテ』シリーズ)
柳楽優弥は緑色の光を放っている。彼のエネルギーが尽き果てないように。

『映画 太陽の子』は8月6日(金)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
映画 太陽の子 2021年8月6日より全国にて公開
©︎2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ

関連リンク

  • 7/14 13:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます