デヴィ夫人 オールスター出場の大谷にベタ惚れ 若い頃なら「絶対アタックしてた」

拡大画像を見る

 タレントのデヴィ夫人(81)、お笑いコンビ・流れ星☆のちゅうえい(42)、瀧上伸一郎(42)が14日、都内で行われた「Pデビルマン~疾風迅雷~」新機種お披露目会に登壇した。

 “デヴィル夫人”として原作キャラクターを完全再現したコスチュームを身にまとい登場したデヴィ夫人。メークにこだわり、2時間をかけ作り上げた大作に「いかがでしょう?私のデヴィルマンぶりは。メークする前から顔がデビルマンになっていて、メークがいらないんじゃないかと思うくらい。ドンピシャでした!」とご満悦。その圧倒的なビジュアルを前にちゅうえいは「令和史上最大の大物。太陽みたいで直視できない」と苦笑いを浮かべていた。

 原作に絡めた内容のクイズでは「こんなの知るわけがない」などと、自由奔放な回答をし、会場の笑いをさらうデヴィ夫人に流れ星☆の2人は終始タジタジ。何とか見せ場を作ろうと、ちゅうえいが必死にギャグを繰り出すも、デヴィ夫人は「全然センスない、あなた。もう少し面白いのないの?」とあっけらかんとした様子だった。

 イベント終了後、現在本塁打王争いでトップに立ち、オールスターに初出場を果たしたエンゼルス・大谷翔平投手(27)について話題が及ぶと、デヴィ夫人は「ステキあの人。顔はかわいいし、カッコいいし、セクシーだし。あんな人いないですよね、奇跡」と手放しで大絶賛。そんな大谷選手が、どんな相手と結婚をするのか気になるようで、「(若い頃なら)絶対アタックしてますね」と断言し、「もっともっともっと活躍してほしい。力のある限り頑張ってほしいですね」とエールを送っていた。

関連リンク

  • 7/14 12:40
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます