Snow Man渡辺翔太「しょぴまる」がトレンド入り!草なぎ剛も二宮和也も…「学校5軍ジャニーズ」!!

拡大画像を見る

 Snow Manの渡辺翔太(28)が7月13日放送のラジオ番組『レコメン!』(文化放送)にゲスト出演し、学生時代について振り返り、ファンを中心に話題を呼んでいる。

 Snow Manのメンバーが『レコメン』にゲスト出演する際には、番組パーソナリティのお笑いトリオ、オテンキ・のり(42)とお互いの呼び名を決めることが恒例になっている。今回はのりのことを「のりやん」、渡辺のことを「しょぴまる」と呼ぶことに。

 渡辺のニックネームといえばファンの間では「しょっぴー」が定着。しかし、番組では何度も「しょぴまる」というワードが飛び出し、ファンが歓喜。ツイッターでは「しょぴまる」がトレンド入りする盛り上がりを見せた。

 また、番組の名物コーナー「5軍ルール」では、クラスで最もイケてる“1軍グループ”に比べて、細々と生活している“5軍”ならではのルールを紹介。

 のりから「聞くのも野暮な話なんですけどね」と前置きされたうえで、「Snow Manの一員ともあれば、(学生時代は)クラスの何軍でしたか? という質問もちょっとね……なんですけど、どうでしたか?」と聞かれると、渡辺は「いやぁ、どうなんですかね。仮……仮の1軍って感じ」と応じる。

 そして「1軍の中の後ろのほうにいたタイプですね。“こいつと一緒にいたら強い、モテる”みたいなのあったじゃないですか。その列の後ろらへんで、混じり切れてないんだけど混じろうと……」と説明すると、のりから「それ結構ダサくない?(笑)。せっかくの1軍側にいるのに」とイジられてしまう。

 さらに「前のほうで何かの話して盛り上がって笑ってるんですけど、話わからないままとりあえず笑うっていう(笑)。1軍笑ってるから俺も笑おうみたいな」と渡辺が続けると、これにものりが「ちょっと待って、それたぶん1軍じゃないわ(笑)。ファンのみなさんもごめんなさい。1軍じゃないな、これ」と突っ込みを入れる。

 これに渡辺は「今はもうみなさんに1軍にしてもらってるということで」とファンへの感謝として切り返した。

■嵐・二宮和也は「曲ができても友だちがいないから」告白

 リスナーからの「5軍は体育の授業でいかに上手くプレイするかではなく、いかに上手く参加してるように見せるかの勝負」というネタメールが紹介されると、渡辺は「さっきのと状況違えど、根底はちょっと似てる……」とし、のりも「あれ、5軍だった?」と乗っかり、さらに渡辺が「ちょっと僕も5軍説、出てきましたね(笑)。ちょっとマインドが似てるな、この人と」と自虐的に語り、番組は盛り上がりを見せた。

 これにファンからは「しょぴまる5軍説www」「しょぴまる1軍(仮)から5軍(仮)まで落ち込んだのおもろすぎやんwww」といった声が上がった。

「渡辺は学生時代について面白おかしく語り、ファンを喜ばせましたが、1軍にはいたいけれど、その中心にはなれないような存在だったのかもしれませんね。

 今では絶大な人気を誇るSnow Manのメンバーが、そんな学生時代を過ごしていたというのは驚きですが、ジャニーズの中には渡辺のように1軍とは決して言えない“5軍的”な学生時代を過ごしたタレントも少なくありません。嵐の二宮和也(38)もそうですよね」(女性誌ライター)

 現在でもインドア派で、家に引きこもってゲームをすることが多いという二宮だが、それは学生時代も変わらなかったようだ。

 嵐に密着したNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI‘s Diary-Voyage-』の第19話は「NINO‘s Diary」と題して二宮に密着。

 嵐の楽曲の作詞作曲を手掛ける二宮だが、曲作りを始めたのは「すぎやまこういちさんがドラクエのテーマソングを5分で作ったと言っているのに衝撃を受けた」からだと明かす。

 そして「ゲーム好きだったし、ゲーム音楽を作ろうと、最初ピコピコやっていたんだけど、やっぱ入口はバンドだと思ってギターを弾き始めた」と、ギターを始めた経緯についても説明。

 しかし、「曲ができても友だちがいないから、今度はベース弾いて、ドラム叩いて、デジタルで補填して……。本当、友だちがいたらバンドになっていたと思う」と、友達がいなかったから音楽制作のすべてを1人でやるようになったと明かした。

■元SMAP草なぎ&現役高校生ラウールも!?

 現在はジャニーズ事務所を退所しているが、元SMAPの草なぎ剛(46)は、2020年3月放送のラジオ番組『ShinTsuyo POWER SPLASH』(bayfm)で高校の3年間、学校内ではほとんどしゃべらなかったと語った。

 現在でも交流のある学校の友人の話題となった際、草なぎは「いないですね。高校もないもんね。同窓会とか出たことないね」と切り出し、「交流がなかった。無遅刻無欠席で朝が早いから」と振り返った。

 これに香取慎吾(44)が「無遅刻無欠席だったらずっといるわけじゃん。一番いるじゃん。なのに交流がないってなかなかだよ(笑)」と指摘すると、草なぎは「3年間、学校でほぼしゃべんなかった。ヤバいね、本当(笑)」と苦笑する場面があった。

 渡辺と同じSnow Manメンバーのラウール(18)は、現在進行形で高校に通っている現役学生だが、彼もまた自身の“陰キャ”な学校生活を明かしている。

 6月3日放送のラジオ番組『SnowManの素のまんま』(文化放送)で、「今日もこの(番組の)前に行って来たし、話しやすいんだけど……。どう表現したらいいかわかんないけど、今、よく声出てるなって思うね。学校で一言もしゃべらずに帰るって結構あるから」と語った。

 これに渡辺が「意外と学校だと静かな?」と質問すると、ラウールは「だいぶ陰キャ……ですねぇ。意外だよね、普段はしゃべってるところをみなさん見てるから。結構、静かなタイプですね」と告白。

 リスナーからの「高校に入学してから1人も友達ができていません」というメッセージを紹介した際にも、ラウールは「すっごいわかるんだよね」と応じ、「この人、入学して2か月でまだ1人もできていないって言うけど、僕は今、入学して2年と2か月ぐらいで、友達2人とかだから……」と明かす場面があった。

「渡辺とラウール、そして国民的グループ・SMAPの草なぎ、嵐の二宮も仕事ではスーパースターであるにもかかわらず、学校では5軍的存在だったというのは驚きですよね。ただ、そんな過去があるからこそ、彼らは、より多くのファンに寄り添うような活動ができるのかもしれませんね」(前出の女性誌ライター)

 スーパースター軍団のジャニーズタレント。学校での1軍から5軍経験者まで揃ったその多様性が、多くのファンを魅了しているのかもしれない。

関連リンク

  • 7/14 12:04
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます