ただの好み?支配欲?彼氏が服装を指定してくる時の対処法3選!

拡大画像を見る


彼氏が服装に対して細かな指定をする場合、困惑する女性は多いでしょう。彼氏がデザイナーやアパレルショップ勤務など服装に対して詳しい人ならまだしも、そうではないのに「スカートは絶対にこの色!」のように細かすぎる指定をされると、支配欲の押し付けでモラハラの始まりなのか、単なる彼女への希望なのか判断に悩むのも無理はありません。
そんな時、どう対処すれば良いのでしょうか。


①参考として聞く

彼氏として、彼女の服装に対して理想を抱いている人もいるでしょう。それは個人の自由ですので、あくまで参考として聞くようにしましょう。
「これも似合うんじゃないかな」のように提案されることで、今まで自分では着ていなかったものの似合うファッションに出会えるかもしれません。買うかどうかは別として、参考に聞いてみるのはおすすめですよ。


②「禁止」と言うなら理由を聞く

もし「〇〇は絶対に禁止!」など強い言葉で要請されるなら、まずは理由を聞きましょう。たとえばミニスカなどは、男性視点での安全上の理由から彼女には着てほしくないと考える男性も少なくはありません。
ただし、理由を聞いても「好みだから」等の曖昧な理由しか言わない場合は要注意です。彼女に対する好みの希望を言っているのではなく、自分に従わせようとするモラハラ男性の恐れがあるので注意してください。


③無視する

彼氏から細かく指定をされても、それを聞く必要はありません。自分で試してみて合わないと思えば着る必要はありませんし、そもそも試す義務もありません。お金も出さずに好みだけ言われても、全て買い替えることもできないし困る人も多いでしょう。
ファッションは自己表現の自由なので、いくら彼氏の希望でも全て合わせる必要はありません。彼氏の要望を聞かないことで別れることになっても、元から性格が合わないということですので気にしなくても良いでしょう。


彼氏が服装にこだわりが強いなら、少し話し合ってみても良いかも?

彼氏が女性の服装に関して強いこだわりがあるなら、彼にも何か理由があるのかもしれません。
全て聞き入れる必要も、理由を聞いたからといって従う必要もありませんが、なぜそんなにこだわるのか、参考までに理由を聞いてみても良いかもしれません。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/14 12:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます