デヴィッド・テナント&マイケル・シーン「ステージド」、ロックダウン下で奮闘する日本版予告

拡大画像を見る

人気海外ドラマ「グッド・オーメンズ」のデヴィッド・テナントとマイケル・シーンが本人役で完全オンライン収録に挑戦した「ステージド 俺たちの舞台、ステイホーム!」が、その続編の「ステージド2 俺たちの舞台、アメリカ上陸!?」とともに日本初上陸。今回、彼らの奮闘ぶりが見えてくる日本版予告映像と日本版メインビジュアルが解禁となった。

デヴィッドとマイケルの2人が本人役で登場するため、彼らのほとんど素の掛け合いが見られる、とイギリスでの放送時から日本のファンの間でも大きな話題となっていた本作。

ビデオチャットの画面で物語が進行し、2人がコロナ禍に負けじと繰り広げる悲喜こもごもの奮闘をリアル&コミカルに描いてイギリス国内で空前の大ヒットを記録した海外ドラマシリーズ。日本語吹替版ではデヴィッド役を櫻井孝宏、マイケル役を飛田展男が演じる。


日本版予告映像では、ロックダウンとなったロンドンで舞台が延期になったことをきっかけに、演出家のサイモンにオンラインでのリハーサルを提案され、戸惑いを隠せない2人の様子が収められている。

ほかにも、肝心な話の時に限って相手の電波の調子が悪くなったり、会話中に家族の声が聞こえたり、世界共通の“オンラインあるある”、“自粛生活あるある”が詰め込まれており、思わず爆笑&共感してしまうこと間違いなし。さらに、イギリスが誇るジュディ・デンチも本人役で登場、完全オンライン収録でつくられた抱腹絶倒コメディドラマにますます期待が高まるものとなっている。


シーズン1ではジュディと、驚きの超大御所俳優(秘密!)が出演。続くシーズン2ではユアン・マクレガー、クリストフ・ヴァルツ、サイモン・ペッグ、ウーピー・ゴールドバーグ、ヒュー・ボネヴィル、ケイト・ブランシェット、フィービー・ウォーラー=ブリッジ、マイケル・ペイリン、ニック・フロスト、ケン・チョンら、ビッグな面々がいずれも本人役で次々登場する。



(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 7/14 11:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます