破局は目前?別れたがっている彼女の「そっけない一言」9パターン

彼女に別れを宣告されたら、「いつから決意を固めてたんだろう…」と呆然としてしまうもの。取り返しのつかない事態に陥る前に、適切に対処することができれば、なんとか破局は避けられるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「破局は目前?別れたがっている彼女の『そっけない一言』」をご紹介します。

【1】「ふーん、そうなんだー」と心ない相づちを繰り返す
「交際の最後のほうは、受け答えがかなり適当だった」(20代女性)というように、別れを意識し始めると、会話に身が入らなくなる女性は多いようです。とはいえ、ほかの原因も考えられるので、早合点せず「なにか考え事?」などと探りを入れてみましょう。

【2】「えーと、ありがとう」と仕方なさそうにお礼を言う
「彼氏の親切が、大きなお世話に思えて…」(10代女性)というように、彼女からの感謝の言葉が「口先だけ」だと感じたら、ピンと来るべきかもしれません。相手のぞんざいな態度を非難して事態を悪化させないよう、ここは一旦スルーして様子を見るのが得策でしょう。

【3】「行きたい場所は特にないかなあ…」とデートに消極的になる
「自分からプランを提案することは、ほとんどなくなった」(20代女性)というように、デートの誘いにつれない返答をされるケースです。断られない限りまだ望みはあるので、思い出の場所などを巡って、彼女の気を引いてみてはいかがでしょうか。

【4】「その話はもう五万回くらい聞いた」とウンザリした顔で対応する
「彼氏に興味がなくなってたから、つまらない話を聞かされるたびにイラッとした」(10代女性)というように、愛が薄れると、他愛ないおしゃべりですらカンに障るようです。この状態が何日も続くようなら、体調云々が原因ではないと考えたほうがいいでしょう。

【5】「したいようにすればいいんじゃん」と悩む彼氏を冷たく突き放す
「それまでは『自分で考えろ』と思っても黙っていられたんですけどね」(20代女性)というように、急に厳しい助言を浴びせられたのは、彼女が我慢の限界に達したせいかもしれません。心当たりがあるならすぐに改めて、関係回復に努めたいところです。

【6】「たまには飲み会とか行ってみれば?」と新しい出会いを後押しする
「向こうに好きな子ができれば、心おきなく別れを切り出せるので」(20代女性)というように、円満な別れを目論んで、彼氏の目をよそへ向けさせようとする女性もいます。浮気をチラつかせても平気な顔をされたら、危機感を強めたほうがよさそうです。

【7】「休日になにをしようと私の勝手でしょ」と自由を主張する
「嫌な顔されても関係ない、好きなことしようって」(10代女性)というように、交際を重荷に感じて、彼氏より自分の時間を優先し始めるパターンです。追えば追うほど逃げられそうなので、連絡だけはコンスタントに取りながら、相手の出方を待ちましょう。

【8】「ごめん、疲れたからもう寝るわ」と会話を強制終了する
「気持ちが離れてるのを気づかせたくて、突然電話を切ったり未読スルーしたり…」(20代女性)というように、彼女の都合でやりとりを絶たれる事態が続いたら、無言の訴えを感じ取ったほうがよさそうです。真意を知るには、もはや直接確認するしかないでしょう。

【9】「別に無理して会わなくてもよくない?」と距離を置こうとする
「別れを告げる前に、彼氏にも心の準備をしてほしかった」(20代女性)というように、あからさまにデートを拒絶された場合、破局は秒読み段階に入っていそうです。彼女の望み通り、距離を置いて二人の関係を見つめ直せば、進むべき道が見えてくるかもしれません。

彼女を手放したくないなら、普段から相手の言動に関心を寄せて、変化を見過ごさないようにしましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/14 11:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます