櫻坂46 菅井友香、<W-KEYAKI FES. 2021>を終えた現在の心境を語る「いろんな複雑な感情を真正面から受け止めた日になったと思います」

拡大画像を見る

櫻坂46の菅井友香が、7月12日(月)放送のラジオ番組『レコメン!』(文化放送)にて<W-KEYAKI FES. 2021>(7月9日~11日開催)を終えた現在の心境を語った。

パーソナリティのオテンキのりに1日目の櫻坂46のライブについて感想を問われると、“久しぶりの有観客で歌ったので、目の前にみなさんがいてくださるのが本当に嬉しくて。反応とか見えますし、頑張ろうって思えました。終わったあともメンバーみんな表情がよくて、初めてこうしてみんなで1つのことを達成できたという気持ちが大きくて飛び跳ねて喜びました。純粋に楽しくて頑張れる環境、チーム感ができているんだなというところに素直に喜べました”とキャプテンとしての心境を述べた。

3日目に行なわれた櫻坂46と日向坂46の合同ライブについては、“3年前、欅坂とけやき坂で一緒にライブをしていて、(今)お互いが違う名前になって、時が経ってまた1つの場所に集まれるのはもっと先かなと思ってたので、今のメンバーが残っている時にこうしてまた集まれたのが、今年にライブができた意味なのかなと思えて、すごく嬉しかったです”と振り返った。

最後に「W-KEYAKIZAKAの詩」を櫻坂46と日向坂46の2組で歌ったことについて、“緑のペンライトを見た時は、どうこの気持ちを言っていいのかわからない感情になりました。嬉しいんですけど、久しぶりに景色を見させてもらって、本当にみなさんからのプレゼントだなと思って。いろんな想い出が蘇ってきて”と語り、“本当に意味のあるライブになったと思っていて、今の私たちのお互いの姿を見てもらうという意味でも大切な日になったと思いました。私たちも改名して1年経っていない段階だったんですけど、今のベストを出して、すごく勉強になることもたくさんありましたし、いろんな複雑な感情を真正面から受け止めた日になったと思って、メンバーとその気持ちを共有できたのがすごくよかったです。ツアーも発表されたので、そちらも楽しみにしてください”と締めくくった。

関連リンク

radiko(放送当日以降7日間視聴可能)

『レコメン!』
■放送時間:月~木 22:00~25:00生放送
※ネット局:秋田放送、ラジオ福島、静岡放送、ラジオ関西、KBS京都、南海放送
※深夜0時~は、文化放送含め全国36局ネットで放送
■パーソナリティ:(月~水)オテンキのり、(木)桐山照史・中間淳太(ジャニーズWEST)
■午前0時台パーソナリティ(※オテンキのりとWパーソナリティ)
(月)菅井友香(櫻坂46)(火)加藤史帆(日向坂46)(水)田村真佑(乃木坂46)
■出演者:KinKi Kids、NEWS・小山慶一郎、Hey!Say!7、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、King & Prince・永瀬廉、久間田琳加、生見愛瑠、ほか

関連リンク

  • 7/14 10:28
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます