てんちむ、脂肪吸引で“壮絶なダウンタイム”を経験!痛々しいビフォーも公開

拡大画像を見る

 YouTuberのてんちむ(27)が13日までにYouTubeチャンネルを更新。美容クリニックで上半身の脂肪吸引を行なったことを報告した。

 この日、てんちむは「上半身、全て脂肪吸引してきた【ガチ&レポ】」という動画を投稿。動画にすっぴん&スウェット姿で登場したてんちむは、背肉がコンプレックスであることから上半身の脂肪吸引を受けることを報告。「背筋を伸ばすじゃん? それだけで背肉が段になるの」「後ろ姿、多分たくましいのよ」と言いながら、背肉を公開していたてんちむだが、スタッフに脂肪吸引をすることへの恐怖はないのかと聞かれた際には「死ななければとりあえずなんでもいいかな」と度胸が感じられるコメントをしていた。

 その後、てんちむは美容クリニックにて脂肪吸引することに。4時間という長丁場の手術だったが、術後のてんちむは「(夢で)漫画の続きを見てた。めっちゃ寝てた」と爆睡していたそうで、「疲労感がある、眠い」「(まだ麻酔が効いているので)痛みはない」と話していた。また、担当医によれば、施術中にてんちむが暴れたことがあったそうだが、本人は「まったく覚えてない」という。ちなみに、術後は血圧が上がると出血する可能性があるため安静に過ごさなければならず、さらにお酒とタバコは1カ月程度、最低でも1週間は禁止とのこと。ヘビースモーカーのてんちむは、タバコを禁止されたことに衝撃を受けていたようだった。

 続いて、ダウンタイム1日目の様子を公開。おかゆを食べていたてんちむは「麻酔が残っていて食べにくい」「(手術を受けた上半身が動かしにくいため)高いところに手が届かない」と状況を説明した。また、手術に同行したスタッフは「(手術当日の)帰りが結構フラフラしていたから危ない。(手術を受ける場合は)誰かついていた方がいいかも。電車とか乗れない」と術後の注意点を述べていた。

 ダウンタイム2日目はトイレの回数が増え、施術箇所に痛みやむくみを感じるようになったというてんちむ。脂肪吸引を受けた背中部分も公開したが、所々に内出血がみられ、痛々しい様子だった。その後、5日目には寝返りが打てるようになり、痛みが少しずつ落ち着いてきたようだったが、「股の内出血がやばかった」とも明かしていた。

 脂肪吸引から1か月経ったてんちむは、背中にはまだ違和感があるものの、お腹部分はいつもの感覚に戻りつつあると話した。術後は腫れやむくみがひどく、今まで着ていた洋服が入らないほどだったが、それも解消されたとのこと。

 また、担当医に術後の経過を診てもらった際には、ダウンタイム中に痛みがひどかった時は「普通にダイエットすればよかった」と脂肪吸引を受けたことを後悔したほどであったが、1か月経つと「本当にやってよかった」と感じるようになったと説明。それについて担当医は「タウンタイム中は病みます」と美容整形のデメリットについて明かしていた。あと2、3か月経てば、施術箇所の痛みなどが落ち着いて完成形になるという。

 さらに同日、てんちむはインスタグラムのストーリーズを更新。「今は昔と比べて美容整形がオープンな風潮になってきてて良いよね でも、美容整形したからって報告しなきゃいけない義務はないし本当そこはここの自由よね だから人に対して『ここ整形しましたよね?なんで言わないの?』『整形したこと隠してる=嘘ついてる』って言うのはなんか違うよねって思った もっと生きやすい世の中であれ!」と整形に関する持論を展開し、またファンから寄せられた「脂肪吸引した後、体重は減りましたか?」という質問に対して「体重は減ってない記憶」と答えている。

 今回の脂肪吸引の完成形はどのようなものになっているのか。てんちむの激変ぶりが楽しみだ。

関連リンク

  • 7/14 10:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます