21歳で億万長者のカイリー・ジェンナー 「成功したいなら自分の貯金を使いなさい」母から助言されていた

拡大画像を見る

『INSIDE KYLIE COSMETICS PART ONE: THE BEGINNING』というYouTube動画3連作の初回で、クリス・ジェンナーは娘カイリー・ジェンナーへの助言の内容を明らかにした。「カイリーコスメティックスを成功させたいなら、自分のお金を使うべき。それがモチベーションになり、自分を駆り立てる力になるから」と当時17歳のカイリーに話したという。

初回の販売で15000ユニットを数分のうちに完売させたカイリーコスメティックスは、自分の唇の薄さにコンプレックスを抱いていた10代の若者の悩みからスタートした。

2021年6月に放送された『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』を振り返る特別番組で、かつてキスした男の子に唇が薄いと言われたという話からメイクアップに対する執着が始まったとカイリーが明らかにしている。またカイリーは過去のインタビューで、17歳にもならない頃に唇にフィラー(充填剤)を入れてふっくらさせたことを認めていた。

「自分のありとあらゆることについて人に指摘されるの。自分では永遠に気づかなかったようなことを人に指摘されて気づくわけ。」

「ママ」と「マネージャー」を合わせた造語「ママジャー」で商標登録までした、母でありやり手マネージャーでもあるクリスは、16歳のカイリーと後にカイリーコスメティックスになるものについて話した当時を振り返って語った。

「全ての母親の夢みたいなものよね。自分の子供がこんなに若くして自分が何をしたいのかを見定めることができるなんて。」
「カイリーは言ったの。美容ビジネスに身を置きたいって。何を商品として販売したいのか自分の中に明確にあるって。」

このYouTubeの動画3連作の第1話は、カイリーコスメティックス及びKKWビューティーの親会社Cotyが企業秘密を盗まれたとしてSeed Companyから訴えられ、ブランドを一新させている最中の7月10日に公開された。

そして7月15日、カイリーコスメティックスは新しいパッケージとヴィーガンフォーミュラに刷新し販売を再開する。これら新商品は、リップキットのみならず、グロス、アイシャドウ、チークやその他諸々全ての商品を、動物由来の油、パラベン、グルテン、その他1600を超える悪影響を及ぼしたり、荒れたりする可能性のある成分を一切使用せず開発されたとブランドが発表している。

この投稿をInstagramで見る

Kylie (@kyliejenner)がシェアした投稿

画像は『Kylie 2021年7月10日付Instagram「episode 1 of INSIDE KYLIE COSMETICS just went live on my youtube channel!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Aya Nezu)

関連リンク

  • 7/14 10:08
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます