松下洸平、デビューシングル発売に感謝「“歌手としての自分”を捨て切れず…」

拡大画像を見る

朝ドラ『スカーレット』出演で大ブレイクし、今最も旬な俳優・松下洸平のメジャーデビューシングル「つよがり」が、8月25日(水)ビクターエンタテインメントより発売する事が発表された。



タイトル曲「つよがり」は、平井堅、CHEMISTRY、東方神起、JUJU、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEなど数々のアーティストを手掛ける松尾潔がプロデュースする期待のデビュー作品。幅広い世代、老若男女が共感できる「愛」と「別れ」を描いた大人のバラードソングで、松下洸平独特の声と世界観で歌い上げ、より切なさを増した仕上がりになっている。


CDリリースに先駆けて、本日7月14日(水)に「つよがり」の先行配信がスタート。さらに、松下洸平本人のコメント、松尾潔からのコメントも届いた。


また今回のデビューシングルには、今年1月~3月に開催した初のツアー「KOUHEI MATSUSHITA LIVE TOUR 2021 HEART to HEART」でも披露した、自身による作詞作曲の「STEP!」「みんなが見てる空」も収録されている。アレンジは松下の古くからの友人であり、Nulbarichのギターとしても活躍するカンノケンタロウが担当。


いよいよファン待望のデビューシングルが発売。俳優として今最も勢いのある”松下洸平”のシンガーソングライターとしての一面に、期待しよう。


<松下洸平コメント>

10代の頃から歌う事が好きで、大好きで、心の奥でずっと「歌手としての自分」を捨て切れず生きて来ました。夢の実現に向けてサポートしてくださった方々には感謝しかありません。今回デビュー曲を松尾潔さんに書き下ろして頂きました。学生の頃から松尾さんの作る楽曲には何度も救われ、ときには涙することもありました。そんな松尾さんにプロデュース頂いた「つよがり」は、繋がる事のなかった恋を歌った一曲です。自作曲の「STEP!」「みんなが見てる空」を合わせた記念すべき一枚目のシングルです!どうか一人でも多くの方の手に届きますように。



<松尾潔コメント>

「俳優として人気だけど、元はといえばポテンシャルの高いシンガー・ソングライターですよ」
数年前、この国の誰もが知るグループのシンガーからそう聞いて以来、ずっと気になる存在だったのが松下洸平である。初めて観たライブでは、グルーヴィーかつメロウな味わいのボーカルに身震いを覚えた。何しろ声質がすばらしい。この声が俳優・松下洸平の強力な武器のひとつであることは承知していたが、同時にこれは限られたシンガーだけに与えられたギフトでもあると痛感した。しかも、R&Bを基調としたレパートリーのほとんどは自作曲というではないか。高い音楽性とほとばしる情熱の双方が伝わるパフォーマンスを目の当たりにして、この才能を広めるチカラになりたいと強く思った。デビュー作品という願ってもない機会を得てぼくが作ったのは、音も立てずに崩れていく最後の恋に胸を痛めながらも、運命に抗うことができない男のラブソング。不器用でも誠実な生き方を貫く彼は、たとえ自分が傷ついても恋人の幸福を願うそんな主人公像に、ぼくが松下洸平本人から受けた印象を投影しているのは言うまでもない。


関連リンク

  • 7/14 10:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます