【必読】「ポケモンGOフェスト2021」完全攻略マニュアル・初日編

拡大画像を見る

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! さあ、いいか……いよいよGOフェスまで1週間を切ったゾォォォォオオオオ!! 1年で1番のビッグイベントが始まるゾォォォォオオオオ!!! 準備はいいですかァァァアアアアア! ヒャッハーーーー!!

というわけで今回は、GOフェスを余すことなく楽しむべく『ポケモンGOフェスト2021 完全攻略マニュアル・初日編』をお届けしたいと思う。行き当たりばったりプレイで後悔するのはツラすぎる! 全トレーナー必読だ!!

・前提として

今さら申し上げるまでもなく、GOフェスはチケットの有無で大きく内容が変わってくる。この記事は「チケットあり」を前提として執筆していることをあらかじめお伝えしておく。なおチケット代は610円、アプリ内で発売中だ。

もう1点、この記事は昨年開催された「GOフェス2020」の体験が大きく反映されている。正式な発表がない「色違いの確率」などについては「去年と同じくらい(個人的な体感)」をベースとしていきたい。

さてさてさて。

・GOフェスとは?

何も知らないポケモンGOトレーナーに「GOフェスって何なの?」と問われたら、お兄さんはこう答える……「色違い祭り」だと。全トレーナーが欲しくてたまらない「色違いポケモン」をゲットする千載一遇のチャンス、それがポケモンGOフェストだ。

ただし、色違いが出やすいと言ってもコミュデイほどではない。昨年の経験をもとに数字をはじき出すと、その確率はズバリ「1 / 100」ほど。普段の野生の色違い率は一般的に「1 / 400」とも言われているから、それと比較するとかなり確率が高いことがわかる。

とはいえ “確率の壁” に阻まれて「全然捕れなかった年」もあれば「確率の壁をあっさり超える年」もあるのがGOフェスだ。いずれにせよ「とにかく捕獲しまくること」がGOフェスの基本的なプレイスタイルとなってくる。

で、ここで「ポケモンGOフェスト2021」で新たに実装される色違いポケモンをおさらいしておこう。

タブンネ、チリーン、オタマロ、ゴニョニョ、アンノーンF、ダゲキ、ナゲキ、ガラルポニータ(メロエッタ帽)、ガラルジグザグマ(メロエッタ帽)、ピカチュウ(メロエッタ帽)

このうち、レイドで出現するのは「ガラルポニータ」と「ガラルジグザグマ」の2つ。また「タブンネ」は野生のほか7kmタマゴからも出現する。タブンネはメガシンカも控えているため、イベント中のタマゴは「7kmタマゴ」をメインに割って行こう。

・初日のレイドがアツい!

そして色違いといえば今回は「色違いモノズ」をゲットする大チャンス! モノズは時間によって野生湧きもするが、個人的には「レイド」を猛烈にオススメしたい。なぜなら去年はレイドの色違い率がかなり良かったからだ。

昨年、それまで「色違いドッコラー」と「色違いフカマル」を持っていなかったお兄さんはレイドであっさりと両色違いポケモンをゲットした……しかもドッコラーは2つ。体感的には「いつもの伝説レイドくらい?」にはなっていたから、色違いモノズ狙いならレイドも大アリだろう。

・何を狙うか決めておこう

そして今回も昨年同様、1時間ごとに出現するポケモンが入れ替わる。何を狙っていくべきか? ご自身のBOXと相談しながらターゲットを定めておこう。

ジャングル

野生 …… ストライク、エイパム、ケロマツ

おこう …… アンノーンF、アンノーンG、ルンパッパ、ペラップ、ジャローダ、リーフィア

岩山・砂地 

野生…… エアームド、タテトプス、ヒポポタス

おこう …… アンノーンF、アンノーンG、ブースター、バンギラス、フライゴン、ナゲキ

海 / 砂浜

野生…… ミニリュウ、チルット、ママンボウ

おこう …… アンノーンF、アンノーンG、ギャラドス、シャワーズ、マリルリ、ダゲキ

洞窟

野生…… ダンゴロ、マッギョ(ガラルのすがた)、モノズ

おこう …… アンノーンF、アンノーンG、ブラッキー、アブソル、サーナイト、デンチュラ

盛りだくさんのGOフェスはこんなもんじゃ終わらない。スペシャルリサーチをクリアすると目玉の「メロエッタ」の他、選択制で1日目は「アイドル・ピカチュウ」か「ハードロック・ピカチュウ」が、2日目は「特別な衣装のサーナイト」か「特別な衣装のフライゴン」がGOスナップショットの映り込みで出現する。

どちらを選ぶかはトレーナー次第だが、ゲットできなかったほうは17日(土)早朝から7月19日(月)15時まで1日最大6回できる「特別な交換」を駆使しよう。なお、期間中に「遠隔交換」が出来るのかは明らかになっていない。

あとは以下で、その他のボーナスを記述しておく。

・ ルアーモジュールの効果が3時間に延長
・ イベント限定のBGMがゲーム内で流れる
・ タマゴがかえる距離が1 / 2
・ イベント限定のタスクが登場
・ フライゴン(だいちのちから)とサーナイト(シンクロノイズ)に進化させると特別な技を覚える
・ イベント限定のアバターやポーズ、ギフトが手に入る

先述のようにGOフェスは「色違い祭り」である。時間の許す限り、片っ端からお目当てのポケモンをゲットしまくるのが基本的なプレイスタイルだ。ただし「レイドも去年は確率が高かった!」ということは強くアピっておきたい。個人的には「色違いモノズ」で出るまでレイドをやるつもりだ。

その他、激レア化必至の「アンノーンF」「ナゲキ」「ダゲキ」あたりは指先に全神経を集中させてタップしたいところ。あとは当日までに「自分は何が欲しいのか?」を整理しておくことをオススメする。

とにもかくにも、GOフェスは色違い祭りである! 年間最大のビッグイベントに備え、各自体調管理を怠らないように!! 家庭がある人はしっかり家庭ポイントも稼いでおこうな! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2020 Pokemon. c1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

関連リンク

  • 7/14 6:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます