女の子を花火大会に誘う際の5つのポイント

花火大会で気になる女の子の浴衣姿を眺めたいと願う男性も多いはず。でも、気になる女の子と花火大会に行くためには、男性から「誘う」必要があります。そこで今回は、「女の子を花火大会に誘う際の5つのポイント」をご紹介させて頂きます。

【1】誘う前に一度はデートしておくこと。
女の子にとっては、「誰に誘われるか」がポイントとなります。少なくとも一度くらいデートして、女の子と仲良くなっておくことが重要なポイントとなります。初デートで花火大会に誘うのではなく、まずは普通のデートに誘ってみてはいかがでしょうか。

【2】「花火大会行こう!」とストレートに誘うこと。
遠まわしな表現は女の子に見透かされてしまいます。男らしく、ストレートに伝えましょう。

【3】「A花火大会に行こう!」と具体的な花火大会を挙げること。
花火大会に行くことのリアリティを高めるために、具体的な花火大会を挙げた上で、誘うようにしましょう。女の子に「行けたら行きたいね。」と誤魔化されることを防止することができます。

【4】スケジュールに余裕を持って誘うこと。
前日に誘っても、女の子には既に予定が入っている可能性があります。女の子に「もっと早く言ってくれれば良かったのに・・・」と言われた場合、悔やんでも悔やみきれません。一週間以上前に誘うなど、スケジュールが空いていそうな時期にアプローチすることが大切です。

【5】断られた場合、潔く撤退すること。
断られた場合、潔く撤退し、男らしく振る舞いましょう。しつこくしては嫌われてしまう可能性があります。

みなさんは女の子を花火大会に誘う際、どのようなことに注意しているでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/14 8:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます