すべて計算!? 田中みな実も脱帽、“ラスボス”小島瑠璃子のあざとさと強メンタル

拡大画像を見る

 7月10日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)で、ゲスト出演したニューヨークの嶋佐和也(35)と屋敷裕政(35)が、グッときたというこじるりこと小島瑠璃子(27)のあざとい行動を明かした。

 芸能界で目撃したあざとい芸能人について聞かれ、屋敷がまっさきに挙げたのが小島。これを聞いた南海キャンディーズの山里亮太(44)は「おい、ラスボスからじゃねぇかよ!」「すごいぞ、この人は」と声を上げ、弘中綾香アナウンサー(30)も「小島さんはすごそうだなぁ」と興味津々。

 ニューヨークは、ある番組で小島と一緒にロケをしていたが、休憩中に小島から「屋敷さん、漫画めっちゃ詳しいですよね?」「私も漫画大好きなので、オススメ教えてくださいよ」と聞かれたという。小島はニューヨークのYouTubeチャンネルも見ているといい、「YouTubeでの知識も本物なので、超信用してます」と、屋敷をベタ褒め。気分の良くなった屋敷は、自分のオススメ漫画のタイトルを伝えたという。

 この小島とのやり取りを聞いた田中みな実(34)は、「こじるりちゃんはね、次までに絶対読んでくると思う」と予想。その後、ロケが終わった帰りのバスで、屋敷は、小島がさっそく携帯で自分がオススメした漫画を読んでいるのを発見。それも、たまたま屋敷が小島の見ている携帯画面を見たために気づいたといい、屋敷は「買いましたよとか言わないんですよね、逆に」と、あえてアピールしない小島に感心。山里も、「田中みな実の上いったね」と小島を称賛した。

■こじるりの伏線回収に田中みな実もア然

 屋敷は「ロケバス、最初乗ったときに1番前、座りはったんですよ」「で、俺がその後ろに座ったら“ちょっと屋敷さん、携帯覗かないでくださいよ”って最初に冗談で言ったんですよ」と小島の行動を振り返り、後から思えばそれらの言動も「すべて伏線やったんちゃうかな」と小島のあざとさを明かし、田中らを驚かせた。

 小島は、昨年『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演した際、「一生懸命仕事をしても“あざとい”と言われる」という悩みを明かした。テレビなので言葉を選んで話していると「あざとい」と言われるので、小島は、今ではそう言われても「しょうがない」と割り切っていると告白。しかし、そんな小島のバラエティ力の高さは以前から定評があり、松本人志(57)やヒロミ(56)、中居正広(48)ら大物MCからも絶賛されている。

 つい先日、漫画『キングダム』(講談社)の作者である原泰久氏との破局が報道された小島。原氏には妻子があったため交際当初は不倫を疑われていたが、離婚後の交際だと明言。しかし、一部では「略奪愛では?」という厳しい声も上がった。破局報道も世間を騒がせたが、小島は破局後、『グータンヌーボ2』(フジテレビ系)に出演。「前の彼とお別れしたばかり」「久しぶりにフリーなんで」と原氏との破局を赤裸々に語り、“強メンタル”ぶりを見せつけた。

 今年6月に再び『あちこちオードリー』に出演した小島は、自分にとっての幸せについて「お金を稼いでいるのが好き」とぶっちゃけ、自立心の強さも告白。結婚するならバラエティの仕事を「邪魔しない結婚」がしたいとも語っていた。

 あざとさも破局も、小島にとってはバラエティのための武器なのかも!?

関連リンク

  • 7/14 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます