明石家さんま「40億円遺産」をIMALUが即拒否!背景に「男運問題と母からの独立劇」!?

拡大画像を見る

 お笑いタレント・明石家さんま(66)の財産の行方に注目が集まっている。

 事の発端は7月4日放送の『週刊さんまとマツコ』(TBS系)で、さんまとマツコ・デラックス(48)がそれぞれの老後について赤裸々に語ったことだ。

 さんまは「俺もマツコも、いま持っているお金を全部国に寄付しようとしてんねん」とし「金残したところで、ロクなことにならへんからな。娘とか息子とかに」と語った。

 また、自宅については「終了帳(エンディングノート)とかそういうのを残して、家とかは子どもたちにあげて……」と述べたものの「(家が)大きいからな。贈与税が大変になんねん、子どもら」と悩ましい様子。

 マツコから「さんまさんの家なんて、あんな一等地あのままではもう無理よ。全部売らないと相続できない」と指摘されると、「そういうことになるからな……。多額のお金を子どもに残して人生甘くなってやな、変な人間になるのも嫌やしやな」と思案顔でコメントした。

 7月13日発売の『女性自身』(光文社)では、さんまの発言の背景には娘・IMALU(31)の交際相手への親ならではの思いがあると報じている。

 IMALUは現在、6歳年上のミュージシャンの男性と交際中で、母親で女優の大竹しのぶ(63)も公認の仲だという。

 しかし、さんまは安定した収入の男性と交際してほしいという思いがあり、IMALUは「男を見る目はゼロ」だと嘆くこともあると、記事では伝えている。

■「元から父の遺産はいらない」

「昨年12月の『女性自身』でも、さんまがIMALUの彼氏について“ヒモっぽい男ばっかり好きになるねん”と漏らしていた、と報じていました。また、IMALUはこれまでも、2011年には元SPEEDで参院議員の今井絵理子氏(37)の元夫で、175RのSHOGO(41)との交際が報じられています。

 さらに、2014年には有名プロドラマーとの熱愛が報じられました。“安定した収入の男性と交際してほしい”という父・さんまの願いとは裏腹に、IMALUはミュージシャンとばかり交際しているんです。ミュージシャンが決して悪いわけではありませんが、父・さんまとしては“男を見る目はゼロ”と言いたくなってしまうのではないでしょうか」(芸能記者)

『女性自身』では、そんなIMALUに直撃取材を行っており、さんまが番組で遺産を相続させないと言ったことについて尋ねると、IMALUは父親が稼いだお金はあくまで父親のものであるとし、その使い道は自分には関係ないとコメント。

 そして、お金は自分自身で稼ぐのが当たり前で、「元から父の遺産はいらないです」と断言したのだ。

 7月7日、IMALUはインスタグラムのストーリーで週刊誌記者から直撃取材を受け、「さんまさんが財産を全額、国に寄付すると言っていますがどう思いますか? それについて本人と話しましたか? 私によこせって思いませんか? だと……笑」とし「本人のお金なのでどう使うかは本人の自由ですと答えておきました」と応じたと明かした。

■さんまの貯金額は「40億円」!?

 2020年11月放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に出演した際、今田耕司(55)がさんまの貯金額を「30億円」と予想。これを否定することなく、さんまは「お前ら、はよせいや!」と番組の進行を優先し、質問をかわしていた。これを機に、さんまの貯金額は「30億円」という説が多くの番組で取り沙汰されることになった。

「ただ、実はもっとあるのではないか、ともささやかれています。さんまさんは『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)と『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などのゴールデンやプライム帯の番組のほか、『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)、『週刊さんまとマツコ』、『痛快!明石家電視台』(MBS)など、レギュラー番組を多数抱えていますからね。

 ゴールデンやプライム帯の番組のギャラは1本200万円と言われています。それ以外を1本100万円と考えると1週間に700万円。月収2800万円、1年だと3億3600万円という計算になります。そういった生活を20年以上続けていて、さらにCMや特番もある。この20年で80億円以上は稼いでいるのではないでしょうか」(お笑いプロ関係者)

 さんまは毎年正月には後輩などを引き連れてオーストラリア旅行に行くことが恒例になっている。また、番組スタッフを伴って高級焼肉店「游玄亭 西麻布本館」に行くこともよく知られた話だ。

 しかし、日頃の食事は収入のわりに質素だといい、4月26日放送の『明石家電視台』では毎月の食費が5万円だと村上ショージ(66)に指摘され、「ほんまに情けないんやけど、安いねん食事」と告白。村上から「牛丼、パン、ハンバーガー、きな粉、焼きそば、チキンラーメン、あと壬生菜(みぶな)があったらいいもんね」と言われ、さんまも苦笑していた。

「使うところでは芸人らしく豪快にお金を使うのでしょうが、それ以外の日常生活は非常に質素だと言われています。個人事務所もあり節税対策もしっかりしている。それでも税金は多く払ってきたでしょうが、40億円ぐらいは残っているのではないでしょうか」(前同)

■IMALUがさんまの“莫大遺産”を放棄する背景

 こうしたさんまの莫大な財産を、IMALUは「父の遺産はいらないです」と放棄宣言したのだから驚きだ。

「IMALUさんは2013年に母親の大竹しのぶさんの個人事務所から独立し、新事務所を立ち上げて活動しています。独立したのはIMALUさんがより音楽活動に注力したかったからだといいます。

 加えて、IMALUさんはデビュー以来、ずっと“親の七光り”、“親の十四光”とも言われてきましたから、そこからの脱却したいという思いもあったのかもしれません」(スポーツ紙記者)

 独立した際、日刊スポーツの取材に応じたIMALUは、「ずっと“やりたいことを形にできていない”という危機感や焦りがありました。『フジロック』などの大きなフェスにも出たい」と意気込みを語っていた。

 2016年8月、IMALUは『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演。番組では“芸能界最強のコネ”を使って2009年にデビューし、デビュー1年目にはファッションモデルや女優としても活躍。連続ドラマやバラエティ番組にも出演したと振り返りつつ、「わずか1年間で“親の七光り”を使い果たしてしまった」と自虐的にプレゼンしたのだ。

「母親の事務所から独立して以降は、“自分の事務所のために稼がないといけない”という思いや、バラエティ番組に出る際には“爪あとを残さなければ”という思いが芽生えたといいます。独立後は、特に音楽活動をメインにしていきたいようですが、彼女の中には“独立して勝負したい”という気持ちもあるのでは。

 今、IMALUさんは仕事現場での感じもすごく良いそうで、評判がとても良い。“さんまさんと大竹さんの娘だから”というわけではなく、非常に好印象で、一緒に仕事したい、という人も増えていると聞こえてきていますね。

 さんまさんの遺産を“いらない”と宣言したのも、自分で道を切り拓いていきたいという思いが強いからではないでしょうか」(前同)

 巨額な遺産を放棄するというIMALUには、“親の七光り”のイメージを払拭させる、さらなる活躍を期待したい!

関連リンク

  • 7/14 7:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます