小学生の下校時は問題が起きやすい…? /小学生のお友達トラブル(1)【4人の子育て! 愉快なじゃがころ一家 Vol.93】

今回は我が家の長女(現在は社会人)が、小学校に入学して間もないころのお話です。

娘の通っていた小学校は、新1年生は下校時、家の近い同級生とまとまって帰ることになっていて、娘は近所の男の子2人と下校していました。

一年生だけで帰ってくる…ちょっと心配でしたが、長女はわりとしっかりしていたし、幼稚園までの道とほぼ同じルートだったこともあったので家で帰りを待っていました。
そんなある日…

ということで、まず娘自身でに解決できるように促してみました。

娘に向かって石を投げてくる男の子たち…その子のお母さんも挨拶する程度には知っていましたが、上品な印象でしたし、お子さんたちも、とても落ち着いた良い子というイメージだっただけに驚きました。

やはり元気いっぱいの男の子、ふざけただけなんだろうけど…。


長女は第1子で私にとっても子どもの「お友達トラブル」は初めての経験。

幼稚園では先生が子どもたちを見ていてくれたし、園で問題があれば先生から伝えてもらえるという手厚いケアがありました。

しかし! 小学校に入った途端、親は子どもたちの実際の様子が見えなくなります。

こういう時どうする!? なんてこともまだスマホなどで手軽に調べられる時代ではなかったので、どう対応すればいいのか、悩み迷いまくりました。


娘の話を聞いた感じでは、小さな石を本気で投げてるようには思えない。でも、もしエスカレートして大きな石を投げてきたり、運悪く目に当たったりしたら? 自分で言わせるという私の判断でいいんだろうか…。

でも親の目の届かない時間はどんどん増えていくわけで、そんなときには自分で立ち向かえる子になって欲しい…。そう思って、今回は、一度だけ様子を見ることにしました。

さてこの判断、吉と出るか凶と出るのか…?


画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/14 7:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます