J・マリオ移籍問題…インテル、スポルティングの非難に反論「根拠のない発言」

拡大画像を見る

 インテルは13日、ポルトガル代表MFジョアン・マリオの移籍に関するスポルティングからの非難に反論した。

 J・マリオは12日にインテルとの契約を解除し、翌13日にフリー移籍でベンフィカに加入。2026年6月30日までの5年契約を締結した。すると、同選手の古巣であるスポルティングは13日、この移籍について声明を発表。J・マリオとの契約解除によって3000万ユーロ(約39億円)の支払いを意図的に逃れようとしたとしてインテルを非難した。

「2016年にジョアン・マリオがスポルティングからインテルに移籍した際、同選手がベンフィカを含むポルトガルのクラブと契約を結ぶことになった場合、(スポルティングに)3000万ユーロを追加で支払うことを約束しました」

「スポルティングの取締役会は、インテルとジョアン・マリオが2016年にスポルティングと契約した内容を回避しようとするために、便宜が図られたと考えています」

 これを受けてインテルもクラブ公式サイトに声明を掲載し、スポルティングからの非難に反論。「クラブは、スポルティングがメディアに発表した声明の内容を把握しています。その声明は受け入れがたいものであり、極めて深刻であり、そして何より根拠のない発言です。クラブは適切な場でクラブのイメージと評判を守っていきます」とコメントした。

 J・マリオはスポルティングの下部組織出身で、2016年夏に移籍金4000万ユーロ(当時レートで約45億円)でインテルに完全移籍した。しかし、イタリアでは思うような活躍ができず、レンタル移籍を繰り返し、今月12日に2022年夏まで残っていたインテルとの契約を双方合意の上で解除。そして翌13日、スポルティングの宿敵であるベンフィカと5年契約を締結した。

関連リンク

  • 7/14 6:23
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます