志村けんさん兄が聖火ランナー代役 全力「アイーン」 知之さん「一日疲れちゃった」

拡大画像を見る

 昨年3月に新型コロナウイルスによる肺炎のため死去したタレント・志村けんさんの実兄・志村知之さん(74)が13日、ハンセン病の元患者らが入所する国立療養所多磨全生園(東京都東村山市)で行われた東京五輪聖火リレーの点火セレモニーに参加した。

 当初、弟が走行予定だった聖火ランナーの代役を務めた知之さんは、同市の第一走者として渡部尚市長から聖火を託されると、全力でけんさんの定番ポーズ“アイーン”を披露し、天を仰いだ。

 新型コロナ感染拡大で公道での走行が中止され、聖火はトーチキスでつなぐ形となったが、しっかりと次走者に聖火を託し、最後は走者全員で「アイーン」を披露。多くの市民に笑顔を届けた。

 終了後の知之さんは「一日疲れちゃったな…」とポツリ。けんさんの写真をポケットに入れて臨んでいたことを明かし、「銅像もできたしね。弟の代わり、東村山の市民を代表してやった聖火リレーが無事に終わってホッとしています」と心境を吐露した。

 走者全員で披露した“アイーン”は大きな反響があったといい、「すごく和やかな空気になって、やってよかった」と胸をなで下ろした。約7万円で購入したトーチは弟の仏壇に供えるという。

 この日は元プロレスラーでタレントの佐々木健介・北斗晶夫妻らも参加した。

関連リンク

  • 7/14 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • きょー

    7/14 22:10

    お疲れ様です。ゆっくりオリンピックおうちで観戦して下さい

記事の無断転載を禁じます