円満に別れたい!彼に「別れを切り出す」3ステップを解説!

拡大画像を見る


恋人に対して別れを告げる時、どのように告げれば良いのか悩む人は多いでしょう。デートの途中でいきなり別れを告げるのも、デートの帰り際に告げるのも現実的ではありません。告白の前にアプローチをして相手との距離を徐々に縮めるのと同じように、別れを告げる時にも徐々に相手と距離を置き関係を冷えさせる必要があります。
相手が自分のことを大好きで別れなんて想像もしていない時、どうやって少しずつ距離を取って別れを告げるのかステップごとに確認していきましょう。


まずは徐々に距離を置く

相手が別れなんて全く考えていないのに、一方的に別れを告げるとトラブルの元です。相手は別れを冗談だと思い、揉めてしまう恐れがあるでしょう。そうならないためには、徐々に距離を置きましょう。
デートの頻度を減らし、連絡への返信も時間をおいて冷たいものにしていきます。そうして相手に気持ちが冷めたことを察してもらい、徐々に別れに対する心の準備を作ってもらうように仕向けると良いでしょう。


「話したいことがある」と切り出す

別れを告げる時には「話したいことがある」と深刻な雰囲気で切り出しましょう。「今から話したい」と言っても良いですし「顔を見て話したいから〇日に会いたい」と言っても構いません。相手が納得して別れてくれる方を選ぶようにしましょう。
深刻な雰囲気で相手に伝えることで、距離を置いていたことに気付かないほど鈍感な相手でも、さすがに別れを告げられる雰囲気に気付いてくれるかもしれません。


理由を言って別れを告げる

別れを告げる時、大切なのは理由を言って伝えることです。「なんとなく」などでは相手も納得せず泥沼に陥ってしまう恐れがあります。「好きな人ができた」や「嫌いになった」など、相手に嫌われるような理由を伝えましょう。
「相手の中で良い思い出として残りたい」などと思って優しく別れようとすると、相手に未練が残り別れが長引く恐れがあります。相手に嫌われることを恐れず、自分が悪者になる覚悟で別れを告げる方がスムーズに別れられるでしょう。


誠実に向き合って伝えるのがおすすめ

恋人に別れを告げる時、大切なのは誠実さと嫌われる勇気です。それらがないと、別れ話が長引き疲れる恐れがあります。
誠実に向き合って、きっぱり伝えるようにしましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/14 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます