強風でエアー遊具が子どもを乗せたまま上空へ 目撃者「一瞬の出来事だった」(ベラルーシ)

拡大画像を見る

ベラルーシ北部アレクサンドリアで今月10日、11日に「Kupala Night Festival」が開催された。様々なイベントが行われる中、子ども用のエアー遊具が設置され多くの子が遊んでいた。

ところが突然、強風が吹き荒れると複数あったうちのお城型のエアー遊具が地面から離れ、上空9メートルの高さまで巻き上げられてしまった。当時の様子を捉えた映像には、滑り台型のエアー遊具がクルクルと回りながら空高く浮かぶ様子が映っている。固定されていた他の遊具も地面を這うように動いてしまった。

これに現場はパニックとなり、周囲で見守っていた大人たちが子どもたちを助けようと駆け寄ったという。

目撃者のアレシャさん(Alesya)は「エアー遊具に乗っていた男の子が、文字通り転がり落ちるのを見ました。大きなケガは無かったようですが、とても怖がっていましたね。遊具の1つは風船のように私たちの上を飛んで行き、フェンスを越していきました。2つ目も近くのテントにぶつかってガラスが割れてしまい、テントにいた人はそれで足をケガしてしまったようです」と当時の様子を明かした。

別の目撃者であるディミトリーさん(Dmitry)も「本当に一瞬の出来事でした。強風が吹き荒れ、子どもたちが遊んでいた遊具が固定されていた場所から外れてしまったのです。子どもたちは恐怖で泣いていました」とパニックに陥った現場の様子を語った。

現場にはすぐに救急車が到着し、救急隊員らが処置にあたった。助けに入った大人3名と、遊んでいた子ども4名が軽傷を負い病院に運ばれたものの、重傷者は出ていないという。

地元メディアのリポーター、イーゴリ・グーバーさん(Igor Gubar)は「太陽の熱によって温められた巨大なエアー遊具は、子どもたちを乗せたまま突如空中に舞い上がりました」と話していた。

なお事故原因については明かされておらず、警察が調査を進めている。

ちなみに過去にも同様の事故が発生しており、強風でエアー遊具が子供もろとも吹き上げられ高速道路に落下したという事故や、エアートランポリンが突風に吹き上げられて死亡事故に至ったケースも報告されている。

画像は『LADbible 2021年7月12日付「Horrifying Moment Bouncy Castles Come Loose And Fly Off Hurling Children Into The Air」(Credit: East2West)』『The Sun 2021年7月12日付「FAIRGROUND HORROR Terrifying moment children are hurled off bouncy castles as they’re swept 30ft into the air by strong winds」(Credit: East2West)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 7/13 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます