観ても疲れない!リラックスしながら観られるおしゃれ洋画10選!

拡大画像を見る

映画の中には、感動作やホラー、頭を使うミステリーなど様々な種類があって、観賞後には少し疲れる、なんてこともありますよね。今回は「観ても疲れない」という視点から、土日のリラックスタイムやのんびりしたい時にお勧めの洋画をご紹介いたします!これで夏の暑さでのおうち時間も穏やかに過ごせそう♪

おしゃれな街を観てのんびりしたいなら…

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」

2020年に公開されたばかりの作品ですが、すでに動画配信サービスでも鑑賞ができる「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」。その名の通り、ニューヨークが本作のメインの舞台です。郊外出身の大学生カップルがニューヨークで別々の時間を過ごすことになり、想像と異なるニューヨークの出会いへとつながっていくお話。

ストーリーを追わずとも、美男美女の出演者に加え、ニューヨークのおしゃれな街並みを観ることができます。 劇中は大きなハプニングなどもないので、ゆっくりぼーっと眺めるのにオススメです!

レイニーデイ・イン・ニューヨーク

レイニーデイ・イン・ニューヨーク

2019年/アメリカ/92分

作品情報 / レビューはこちら

「ミッド・ナイト・イン・パリ」

先ほど挙げた「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」と同じ監督のウディ・アレンが手がけた、「ミッドナイト・イン・パリ」。似たような題名のものを選んでしまいましたが、本作は少しファンタジー風。夢見心地で、パリの美しい風景や静かな街並みを観るのに最高の映画です!

華やかで騒々しい表情とは少し異なるパリを、ワインやコーヒーを片手にのんび〜り鑑賞することをお勧めします。ストーリーもメッセージ性があって、全体的に作品そのものを楽しむことができますよ〜! ロマンチストさんは特にハマります!

Owen Wilson attends the "Midnight In Paris" Photocall during the 64th Cannes Film Festival at Palais des Festivals on May 11, 2011 in Cannes, France. (Photo by Jean Baptiste Lacroix/FilmMagic)

ギル・ベンダー役オーウェン・ウィルソン

ミッドナイト・イン・パリ

ミッドナイト・イン・パリ

2011年/アメリカ スペイン/94分

作品情報 / レビューはこちら

「ノッティングヒルの恋人」

1999年に公開された「ノッティングヒルの恋人」は、有名女優と本屋を営む男性の恋のお話で、王道のラブストーリーとして大人気の作品。内容としては若干アップダウンはあるものの、おおよそ想像通りで物語が進むのでご安心ください。

舞台はロンドン西部に位置するノッティングヒル。本屋の主人のウィリアム・タッカー(ヒュー・グラント)が生活するエリアですが、日本では見かけることの少ないマーケットが立ち並ぶ感じは海外らしくて◎おしゃれな町の雰囲気に魅了されて…!

ノッティングヒルの恋人

ノッティングヒルの恋人

1999年/アメリカ/123分

作品情報 / レビューはこちら

雨音をBGMに鑑賞するなら…

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」

雨の日はなんだか心が静かに煌々とする。そんな日にお勧めなのが「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」です。雨がたくさん降るラブストーリーというわけではなく、バリバリのビジネスマンだった主人公が妻を亡くしても、悲しみが込み上げてこない違和感を整理しようと感情と向き合うお話。

本作の劇中には様々な比喩表現があって、高評価を得ていることが多いのですが、あまり考えずに映画を観たい、という日にもぴったりだと思います。(原題:demolitionは「破壊」を意味しており、モノが壊れていく様子を見るのもある意味快感です。)

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

2015年/アメリカ/101分

作品情報 / レビューはこちら

「(500)日のサマー」

PARK CITY, UT - JANUARY 18: Actress Zooey Deschanel and actor Joseph Gordon-Levitt of the film "500 Days Of Summer" poses for a portrait at the Film Lounge Media Center during the 2009 Sundance Film Festival on January 18, 2009 in Park City, Utah. (Photo by Matt Carr/Getty Images)

(左から)サマー・フィン役ズーイー・デシャネル、トム・ハンセン役ジョセフ・ゴードン=レヴィット

冴えない会社員のトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、秘書として入社してきたサマー(ズーイー・デシャネル)に恋をしてしまう。自由奔放な女の子に振り回されるサブカル男子のお話。

ロマンチックな激アツラブストーリーというよりは、ある若い男女の関係を切り取ったリアルなストーリーなので、あまり共感したり、泣けたりするわけではありません。暑くてジトっとした雨の日に、冷房を効かせて、頭をぼーっとさせながら観てみて、サマーだけに(笑)

(500)日のサマー

(500)日のサマー

2009年/アメリカ/96分

作品情報 / レビューはこちら

「ショーシャンクの空に」

雨の日と言ったらコレ!というほど、主人公が土砂降りの雨にあたる印象的なシーンでお馴染みの「ショーシャンクの空に」。本作はなんと言ってもストーリーがめちゃくちゃ良いのですが、しっかり観なかったとしても雰囲気で楽しめる作品でもあります。

ストーリーを追いかけるというよりは、名シーン・名セリフだけを抜き取って観ても、観る人に元気を与えてくれるお話です。雨の日のどんよりした気分の時にオススメ!

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に

1994年/アメリカ/143分

作品情報 / レビューはこちら

とにかく流すだけでおしゃれなものなら…

「アメリ」

熱狂的なファンも多い「アメリ」は、フランス映画らしい不思議なテンポとかわいらしさが随所に散りばめられた作品。物語として楽しむこともできますが、ただ流すだけ、という時にもぴったり。内容が分からなくてもカメラワークが独特で、パッとみてもおしゃれです◎
カフェやバーで音無しで流れていそうな映画ナンバーワンかもしれません。レトロなファッションやアンティークも見惚れそう♪

アメリ

アメリ

2001年/フランス/121分

作品情報 / レビューはこちら

「ローマの休日」

映画好きで知らない人はいない、「ローマの休日」は王道のラブストーリーですが、お部屋でただ流すだけでも画になる作品でもあります。公開から70年近くがたった今でも、多くの人から愛される名作映画の一つです。

内容を深く知らなくても、ジョー・ブラッドレー(グレゴリー・ペック)とアン王女(オードリー・ヘプバーン)の2人乗りバイクのシーンや、真実の口で戯れ合うシーンなど、お馴染みのシーンを楽しむことができますよね〜!

ローマの休日 製作50周年記念デジタル・ニューマスター版

ローマの休日 製作50周年記念デジタル・ニューマスター版

1953年/アメリカ/118分

作品情報 / レビューはこちら

音楽と雰囲気で楽しむなら…

「シング・ストリート 未来へのうた」

アイルランド・ダブリンの冴えない男の子がひょんなことから、ある美女にモテるために友人とバンドを結成し、成長していく青春映画。主人公の家族や情勢などの背景もありますが、80年代のバンドブーム感満載の曲やバンドメイク・ファッションなどを観ることができます!

シング・ストリート 未来へのうた

シング・ストリート 未来へのうた

2016年/アイルランド=イギリス=アメリカ/106分

作品情報 / レビューはこちら

「世界中がアイ・ラブ・ユー」

NEW YORK CITY, NY - MARCH 16: Woody Allen attends Interview, DKNY and Fox Searchlight host Melinda & Melinda screening at Chelsea West Cinemas on March 16, 2005 in New York City. (Photo by Billy Farrell/Patrick McMullan via Getty Images)

ウディ・アレン監督

ロマンチックなラブストーリーと思われがちな邦題の「世界中がアイ・ラブ・ユー」ですが、誰もが愛を語れる幸せな世界を描いたポジティブなミュージカル作品。ニューヨークやロンドンの綺麗な街並みに合わせて、歌声や音楽が流れてくるので、異世界に行ったかのような気持ちになれます。

先にあげた「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」「ミッドナイト・イン・パリ」のウディ・アレン監督が手がけているのですが、実はそんな監督自身も出演しているというのでぜひ注目して観てください!

世界中がアイ・ラヴ・ユー

世界中がアイ・ラヴ・ユー

1996年/アメリカ/102分

作品情報 / レビューはこちら

今週末はお家でのんびり映画を観よう!

커플,휴식,라이프스타일

ソファでくつろぐカップル

今年もなかなか外には出られない夏になりそうな予感…そんな時は肩を張らない映画を観て、ゆっくりのんびりおうち時間を過ごして見てはいかがでしょうか?きっと少しだけ明るい気持ちになって、また頑張ろうと思えるはずです!

関連リンク

  • 7/12 17:00
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます