バイきんぐ西村、“1人キャンプ”の楽しみ方を指南「“ボー”っとするだけでいい」

拡大画像を見る

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。6月16日(水)の放送は、ゲストにバイきんぐ・西村瑞樹さんが登場! ここでは、西村さんが“1人キャンプの楽しさ”を2人にレクチャーしていきました。


(左から)マンボウやしろ、西村瑞樹さん、浜崎美保


◆「3割はビジネスキャンプ」
やしろ:芸能の仕事をしていると、事務所とか周りの人から「これを始めたら仕事がくるよ」とか、アドバイスをされることがありますよね?

西村:ありますね。でも、好きで始めたキャンプも、いざ仕事で行くと、正直ちょっと楽しくないときは、やっぱりありますよね。

浜崎:仕事になると(笑)。

西村:そこは人間なんだから、正直そういうときもありますよ。

やしろ:最近はどれぐらいの比率ですか? 楽しいキャンプの仕事と、ちょっとビジネスキャンプみたいな仕事は。

西村:“楽しい”が……7割はありますね、3割がビジネスみたいな。だからこそ、今はプライベートで行くキャンプも挟んで、ちょっとリフレッシュさせている感じですね。

やしろ:プライベートのキャンプは行けていますか?

西村:今は月1で1泊できたらいいぐらいですかね。

やしろ:じゃあ、やっぱりかなりお忙しいのですね。

西村:まあちょっとね(笑)。

◆1人キャンプの楽しみ方
やしろ:俺、1人キャンプが全然わからないんですよ。友達と音楽を聴きながら、一緒にお酒を飲みながら火をみつめるのって楽しそうじゃないですか。1人キャンプって、なにをしているんですか?

西村:なにをしているかって……やることは“食う”“寝る”“焚き火”ですね。

やしろ:ハハハ(笑)。まず、寂しくはならないですか?

西村:全然寂しくないですね。1人で映画館に行くのと一緒ですよ。

やしろ:1人映画館はなんとなくわかるんですよ。気楽で気を遣わなくていいですし。

西村:それと一緒ですね。

やしろ:でも(映画は)2~3時間じゃないですか?

西村:まあ僕になると、キャンプでの1泊2日は体感2~3時間ですからね。

浜崎:え(笑)?

西村:“体感的には”ですよ。

やしろ:(時間が過ぎるのが)全然気にならないっていうことですか(笑)?

西村:ならないですね。

やしろ:1人キャンプをしたことがない方に、その魅力を伝えるとしたら、どういったところをあげますか?

西村:よく「1人でなにをするんだ?」って聞かれるんですけど。まず、一番贅沢なのは“なにもしない”っていうことなんですよ。ただただ自然に身を置いて、椅子を出して“ボー”っとするだけで全然いいんです。

やしろ:いや、それは大金持ちとか忙しい人が言うことで、(普段から)“ボー”っとしている人が(キャンプのときに)なにもしないって、話が繋がらないのよ(笑)。

西村:いやいや。都会で“ボー”っとするのと、山で“ボー”っとするのは全然違いますよ。

やしろ:確かに(笑)。都会で“ボー”っとしていると、つらいときがあります(笑)。

西村:そうなんですよ(笑)。

やしろ:山の“ボー”は気持ちいいんですか?

西村:山だと、本当に“無”になれるんです。ここがまったく違いますからね。

やしろ:なるほど、すごい話だ(笑)。“なにもしない”ということが贅沢なんですね。

西村:はい。あと読書が趣味な人は、本を持って自然のなかで読書するのもよいです。家で読むのとまったく違います。

やしろ:どう違うんですか?

西村:(山のなかで)本を読むと、鳥のさえずりとか木々がこすれる音とかを聞きながら読んだりできるんですよ。

やしろ:読む文字は一緒なんですよね? 文字が変わるんですか?

西村:変わるわけがないじゃないですか(笑)。

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月~木曜17:00~19:48
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/sky/

関連リンク

  • 7/13 19:30
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます