林遣都、“母性がわいた”出来事を告白「もう寂しくて寂しくて」

拡大画像を見る

俳優の林遣都が13日、映画『犬部!』獣医学部学生ティーチインイベントに、篠原哲雄監督、小泉進次郎環境大臣、同作に出演する元保護犬でミックス犬のちえとともに出席した。


片野ゆか著『北里大学獣医学部 犬部!』を原案とする同作。“犬部”は青森県十和田市の北里大学に実在した動物保護サークルで、設立した獣医学部の学生をモデルにした熱血主人公・花井颯太を林が演じる。


林は、ちえとつながったリードを手に登場。ちえについて「顔も美人ですし、今やいろんな映像作品にも出演していて、ワンちゃん界では大女優だと思う」と笑顔を浮かべた。


集合カットを撮影するフォトセッションでは、ちえが小泉大臣の顔をペロペロと舐めると、隣の林がちえにおやつを与えてなだめる一幕も。



林は「僕ももともと動物が大好きで、今回本当にたくさんのワンちゃんたちが出演してくれてそれだけでもうれしかった」と動物への愛情を語った。


この日のイベントでは、映画の舞台となった北里大学獣医学部の学生とオンライン上でトーク。林、篠原監督、小泉大臣と学生の間で、映画や保護動物の譲渡活動などについて語り合った。

現場での犬との触れ合いについて聞かれた林は「動物トレーナーの方々に教えていただいて印象に残っているのが『とにかく話しかけてあげること』。もともと話すほうではあったんですけど、極端に、人と話すのと変わらないくらいずっと話すように心掛けて。そうしたら、自分のことを認識してくれたり、最初近づけなかったのに隣に座れるようになったりと、初めて(犬が)変化していく姿を見ることができたんです。勉強になりました」と回顧。


また、小泉大臣に保護犬とのエピソードを尋ねられると「冒頭に出てくる保護犬の子が、お世話している方以外の人が現れるだけで出てこなくなっちゃうような子だったんですけど、時間の許す限り接する機会を与えてもらって、逆に僕以外の人が現れると僕の方に寄ってくれるようになった瞬間があって、その時はもう母性がわいて。撮影が終わって東京に帰る時に、もう寂しくて寂しくて。あんな感情になったのは初めてでした」と自分に懐いてくれた犬に思わず母性がわいた出来事を明かしていた。


映画『犬部!』は、7月22日(木・祝)全国ロードショー。

配給:KADOKAWA

©2021『犬部!』製作委員会

関連リンク

  • 7/13 19:27
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます