ドンナルンマ、EURO優勝を噛みしめる「とんでもないことをやってのけた」

拡大画像を見る

 イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが、EURO2020で同国代表の一員として優勝を成し遂げたことにコメントした。12日、イギリスメデイア『スカイスポーツ』が伝えている。

 11日に行われたEURO2020の決勝でイングランド代表と対戦したイタリア代表は、開始早々に失点を喫して1点のビハインドを抱えたまま前半を折り返した。迎えた67分にコーナーキックの混戦からDFレオナルド・ボヌッチがこぼれ球を押し込み試合を振り出しに戻したものの、120分では決着をつけることはできずに準決勝に続きPK戦へ突入。すると、またしてもドンナルンマの活躍によりPK戦を3-2で制したイタリア代表が、53年ぶり2度目のEURO優勝を果たした。

 大会MVPに選出されたドンナルンマは、イギリスメディア『ITV』で「僕たちは、とんでもないことをやってのけた。とても幸せなんだ。1ミリもあきらめなかったし、僕たちがどんな状況からスタートしたかは、知っているだろう。イタリア代表は素晴らしいチームなんだ」とFIFA ロシアワールドカップ 2018のヨーロッパ予選敗退から這い上がったチームを称賛した。続けて「簡単なことではなかったけど、僕たちは素晴らしかった。試合の大部分を支配していたんだ。この勝利に値する」と決勝戦を振り返った。

関連リンク

  • 7/13 16:36
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます