神奈川「マスク飲食実施店」酒類提供OKに専門家「果たして徹底できるか」

拡大画像を見る

 フジテレビ系「バイキングMORE」が13日、神奈川県の黒岩祐治知事が11日の全国知事会で打ち出した「マスク飲食実施店」の酒類提供OKの方針を報じ、昭和大学医学部客員教授・二木芳人氏は「基本方針としては間違ってないと思う」としながらも「このタイミングで果たしてこれがきちんと徹底できるか」と、かなり難しいと強調した。

 番組では、黒岩知事が「飲食店の酒類の提供は原則禁止だが、マスク飲食実施店として認証された店舗は基本的対処方針の基準の一定を満たすものとして除外。手を挙げた所は例外的にとりあえず認める」などと発言したと報道。12日朝8時の時点で申請は1万5000件を超えたという。

 二木氏は「基本方針としては間違ってないと思う。お店の方にきちんと感染対策をしていただいて、感染リスクをずっと下げてもらえれば、ある程度お酒出しても、それから時短もしなくても大丈夫というのが基本原則。そういう意味では正しいが、このタイミングで果たしてこれがきちんと徹底できるか、そこがポイントだと思う」と指摘。

 さらに、守られていない客に対し「お店の方がちゃんと声をかけてできるか」と「お店全体の感染対策」も重要だと説明。「ただ単にアクリル板を立てたからいいとか、スペースを置いたからいいではなくて換気。その上でこういうことが徹底できるならばそれはそれで構わないと思うが、かなり難しいと思う」と解説した。

関連リンク

  • 7/13 14:41
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます