元NHK久保純子アナ、大谷へインタビュー「悔しいです、でもいいものを見せて頂きました」

拡大画像を見る

 元NHKの久保純子アナウンサーが13日にNHKで放送されたMLBオールスターのホームラン競争フィールドリポーターとして登場。延長の末、初戦で敗れたエンゼルスの大谷翔平選手にインタビューを行った。

 久保アナは「今の率直な気持ちを聞かせて下さい」と質問し大谷は「疲れました、はい」と笑顔で対応。久保アナは「疲れました、キツいというひと言もありました。表情、こんな大谷選手、見た事ありませんでした」と言うと、大谷は「そうですね、延長延長なんで、なかなかないと思います。疲れました」と返答した。

 球場がコロラド州デンバーの高地ということもあり「空気の薄さというのは関係ありましたか?」と聞くと「最後の30秒がすごい長くて、すごい疲れました」とコメント。「こんなに疲れたのはいつぶりですか?ありますか?」と質問し「いや、ないです。シーズン中もないので、こんなに振ることないですし」と大谷はさわやかに応えた。

 翌日には投手としての出場も決まっている。「ゆっくり休めそうですか?復活の方法はありますか?体力再び戻す方法は?」と聞くと「疲れましたがこれから休んで明日に備えたい」。ラストに日本のファンへメッセージを求め「勝てなかったですけど、雰囲気だけでも楽しんでもらえたら嬉しいなと思います」と答えた。

 久保アナは「悔しいです。でもお疲れ様でした。いいものを見せて頂きました」と大谷に感謝を伝えていた。

関連リンク

  • 7/13 13:31
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます