安藤和津 大谷のレッドカーペット同伴「できたら一平さんが女装して」

拡大画像を見る

 エッセイストでタレントの安藤和津(73)が13日、フジテレビ系「バイキングMORE」に出演。日本時間14日に行われるMLBオールスターゲームに二刀流で出場するエンゼルス・大谷翔平投手(27)がゲーム前のイベント「レッドカーペット」に誰を連れて来るかの話題で「できたら一平さんが女装して出てくるのが一番いいな」と、彼女ではなく専属通訳・水原一平氏の登場を熱望した。

 番組では、オールスター戦に出場する選手たちがユニホームではなく、ドレスアップして登場する「レッドカーペットショー」を紹介。家族同伴が通例で恋人を連れてくる選手もおり、過去にはイチロー氏が弓子夫人、田中将大は夫人のタレント・里田まいを伴って登場したと伝えた。

 スタジオでは大谷は誰と登場するのかが話題となり、MCの坂上忍から「和津さん、どうなんですか、突然彼女連れてくるかもしれないですよ」と聞かれた、リモート出演の安藤は「イヤだ!」とポツリ。坂上が「ちょっと待ってー!イヤなの?」と大笑いするなど、スタジオは爆笑。

 安藤は「やっぱり寂しい。ときめきを下さい、お願いですから」と乙女心をのぞかせ「でもいいや、素敵な彼女がいるならば私、喜びます。でも、できたら一平さんが女装して出てくるのが一番いいな」と、大谷の活躍とともに人気者になりつつある水原氏を指名した。

関連リンク

  • 7/13 13:07
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます