『フレンチ・ディスパッチ』、カンヌで9分のスタオベ!ティモシー&ティルダの仲良しぶりが話題

拡大画像を見る

月曜日(現地時間)、カンヌ国際映画祭でウェス・アンダーソン監督の『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』が上映された。

「Variety」誌によると、プレミアにはウェス・アンダーソン監督、ティルダ・スウィントン、ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ベニチオ・デル・トロら豪華キャストが集結。今作で初めてアンダーソン監督作に仲間入りを果たしたティモシー・シャラメも光沢のあるシルバースーツで出席し、ファンと写真撮影に応じたりサインをしたりと、プレミアを楽しんでいたという。キャストの1人のレア・セドゥは、残念ながらコロナ陽性で会場入りが叶わなかった。

カンヌでの『フレンチ・ディスパッチ』の評判はというと、9分間のスタンディングオベーションを受け、キャストも席から立ち上がって大喜び。拍手を受けている間に、ティルダが自身の席に張ってあった「ティルダ・スウィントン」の名札の紙を、ティモシーの背中に張り付けるといういたずらする姿が目撃された。2人はレッドカーペットでも手をつないで歩き、ティモシーがティルダの肩に頭を乗せて寄りかかるなど、仲良しぶりが目立った。ツイッターでも「なんてかわいい2人なの」「ティモシーがちっちゃな子どもみたい」と2人のことが話題になっている。



(Hiromi Kaku)


■関連作品:
フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊 2022年、全国にて公開
©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

関連リンク

  • 7/13 12:20
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます