何が違うの? すぐ破局するカップルと長続きカップルの違い4つ

何度も短期間で別れると、「いったいどうして?」「何がいけないの?」とネガティブに考えてしまいますよね。すぐ破局するカップルと長続きするカップルには、どんな違いがあるのでしょうか。恋愛の命運を分けるポイントをチェックしていきましょう。

相手へ何を求めている?

すぐ破局するカップルは、相手へたくさんのことを求めてしまいがち。「寂しさを埋めてほしい」「愛情を注いでほしい」「自分だけ見ていてほしい」と期待を寄せすぎて、圧迫感を与えてしまうのです。
反対に長続きするカップルは、「一緒に楽しみたい」「お互いを高め合いたい」など、いつでも二人の目線に立っています。また、「他人は思ったとおりにならないもの」と認識しているので、怒る理由が生まれません。

LINEや電話の役割は?

すぐ破局するカップルは、LINEや電話で頻繁に愛情を確認したり、心を繋ぎ止めようとしたりします。もちろん、LINEなどは男女が仲良くなるために重要なツール。ですが万能ではないので、期待しすぎるとたちまち関係性が壊れてしまいます。
長続きするカップルは、LINEや電話をあくまで「連絡手段」として捉えているみたい。ときにはそういったツールでも愛情表現をしますが、実際に会ってデートしている瞬間を一番大切にします。

不満と感謝の比率は?

すぐ破局するカップルは相手への不満が多く、感謝が少ない傾向にあります。結果的にダメ出しやケンカが増えて、信頼関係に亀裂が入ってしまうのです。
それに対して長続きするカップルは、どんなときも相手への感謝を忘れません。「大切にされている」という実感があるからこそ、自然と言動が優しくなり衝突が減るのです。また、感謝が多いとストレスを感じる回数が減り、心が安定するメリットもあります。

ケンカしたときの対応は?

交際中にケンカすること自体は、決して悪いとは言えません。ところが、ケンカ中の対応次第では別れに繋がってしまうことがあります。気をつけたいのが「相手を無視する」「傷つける」「何日もケンカを続ける」などの対応。どんなに正当な理由があったとしても、心に負ったダメージは残り続けて、信頼関係を壊してしまいます。
長続きするカップルの多くは、お互いに「ケンカを早めに解決しよう」と考えて寄り添い合うようです。

長続きするカップルの特徴を取り入れて

今回ご紹介したように、ちょっとした関わり方の違いが恋愛の行方を左右します。もちろん、そもそもの相性を見極めることも大切。そのうえでさらに、長続きするカップルの特徴を取り入れて、大好きな人とのラブラブ度をキープしましょう。特に気持ちが高ぶっている初期の頃に信頼関係を築くことが重要ですよ。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/13 3:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます